ラインスタンプ

2014年09月17日 伊藤 みさ/更新:2014.09.17

スタバ主力商品12種10円値上げ、品質と技術もグレードアップ

 シェアする LINEで送る

スターバックスコーヒージャパンは、スターバックスラテなどのエスプレッソドリンクほかについて「原材料を含めた全面的な見直し」を行い、2014年10月1日から全国のスタバ店舗で新料金にて提供を開始すると発表しました。
(例:スターバックスラテTall360円⇒370円)

スターバックスコーヒージャパンが発表した今回のリニューアルのポイントは3つ。

スタバ主力商品12種10円値上げ、品質と技術もグレードアップ

1.エスプレッソドリンクなどに使用するミルクの乳脂肪分を高めるなど、これまで以上にリッチで芳醇な風味を実現するべく特製ミルクに切り替え

2.従来通りアラビカ豆のみを使用するが、よりフレッシュな状態で仕入れられるような仕組みに

3.高品質なエスプレッソドリンクが提供できるよう、全国約25000人のバリスタ全員に対して技術トレーニングを一斉に実施。エスプレッソマシン「マストレーナ」のグレードアップも順次実施。

原材料の高騰などで料金の見直しをする飲食店は多く、スタバもその可能性はありますが 値上げに伴い品質のさらなる向上と新機種の導入なども同時に行われています。

いままでのドリンクと、どのように違うのか?が消費者には厳しくみられそうですが、そうやって自らのハードルを上げていく姿勢もまた、人気の理由のひとつなのかもしれません。また、日本上陸18年目にして、ラテの全面リニューアルは初のことなのだそうです。

sponserd link
ページ上部へ