ラインスタンプ

映画 僕だけがいない街、マンガ大賞などで注目作が実写化!予告・キャストも

 シェアする

2016年02月19日 19:00 記事/うめっち

「マンガ大賞」や「このマンガがすごい!」に2014・2015年連続でランクインした人気作「僕だけがいない街」が、2016年3月19日に実写映画として全国公開となります。

映画 僕だけがいない街、マンガ大賞などで注目作が実写化!予告・キャストも
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

「マンガ大賞」などで受賞した作品は、アニメ化・実写化される事が多いですが、この「僕だけがいない街」もまた、映像化権争奪戦になったというミステリー作品。

映画 僕だけがいない街 原作漫画
原作:僕だけがいない街/三部けい 原作

現在もコミックは連載中。原作について全国の書店員からは

  • 100%予測不可能、毎巻待ち受ける衝撃のラスト!
  • こんなにも続きが気になる作品はほかにない
  • 一気読み必至。中学生の息子もハマってます

と絶賛。活字とイラストで描かれるコミックならではの表現が、実写映画ではどのように描かれるのか?藤原竜也、有村架純ら実力派キャストが主演に並び、『JIN-仁-』『天皇の料理番』などヒットドラマを手掛けた平川雄一朗監督がメガホンをとる。

sponserd link
ad1

映画 僕だけがいない街 ストーリー、予告動画、キャスト詳細

僕だけがいない街 ストーリー▼
<リバイバル>という、時間が巻き戻る不思議な現象に巻き込まれた主人公の悟が、現­在(2006年)と過去(1988年)の2つの世界を行き来しながら、18年前の<連­続誘拐殺人事件>の謎と真犯人に迫るミステリー。
脳裏から葬り去った幼少期の辛い記憶­と、当時は気づくことのできなかった母親の自分への深い愛情、そして傷つくまいと距離­を自ら取っていたクラスメートの優しさに触れることによって生まれる新たな友情とが、­新しい記憶となって塗り替えられていく悟の「過去」。
悟はリバイバルによって大人のマインドを持ったまま小学生の姿となり過去をやり直し、2つの殺人事件の謎を解き明かしていく。

映画 僕だけがいない街 場面カット1
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

売れない漫画家が「リバイバル」という特殊な現象を度々経験する…という主人公・悟役に藤原竜也。

悟が生計を立てるために働いていたアルバイト先の仲間で、のちに悟にとってかけがえのない存在となる愛梨役に、有村架純。キャストはこのほか、悟の小学校の担任役に及川光博、悟の母に石田ゆり子など。

映画 僕だけがいない街 場面カット2
©2016 映画「僕だけがいない街」製作委員会

予告動画は以下より▼


ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ