ラインスタンプ

2021年12月20日 伊藤 みさ/更新:2021.12.20

カルディに変わり種 鍋つゆ、海苔・レモン・海老の4種 食べ比べ!

 シェアする LINEで送る

寒い季節に入り、カルディコーヒーの店頭でバラエティに富んだ「鍋つゆ」を発見。
鍋つゆ といえば、寒くなってくるとスーパーでも種類豊富に並んでいますが、カルディのラインナップはやはり一癖ある…!(いい意味で)

カルディに変わり種 鍋つゆ、海苔・レモン・海老…食べ比べ1位は

かんずり、塩レモン、海苔、海老仕立て…とこの他にもいくつかありましたが、変わり種の以下4種類をゲット。

  • 塩レモン鍋つゆ
  • 海老仕立て 味噌鍋つゆ
  • 海苔鍋つゆ
  • かんずり鍋つゆ こく旨味噌仕立て

「鍋」のイメージが少ない、珍しい味の鍋つゆたち。いずれも2~3人前で価格は300円前後です。どんな味がするのか?食べ比べしてみると、一番のお気に入りは自分でも意外なアレでした。

sponserd link

塩レモン鍋つゆが個人的1位。シメとのギャップがツボ

カルディで出会った個性的鍋つゆのうち、個人的1位は「塩レモン鍋つゆ」でした。

カルディ 鍋つゆ 塩レモン鍋

白菜・人参・もやし・鶏モモ肉など、推奨の材料で作って食べてみたところ、チキンベースのダシとすっぱ過ぎない爽やかな酸味が美味しい。比較的サッパリめなので、“ガツガツ食べたい” というより “今日はヘルシーにお鍋にしたい”とか “ちょっと胃がお疲れ気味” のようなときにオススメ。

カルディ 鍋つゆ 塩レモン鍋2
透明な鍋つゆ
カルディ 鍋つゆ 塩レモン鍋3
煮込んでフタをあけると、ふわっとレモンの香り

また、具材を全部食べた後の〆に「ごはんととろけるチーズを入れてリゾット風に」と調理例に案内があったので試してみました。

すると、さっきまでサッパリだったダシが、チーズが入ったことでコクがでて美味しい。

カルディ 鍋つゆ 塩レモン鍋4

野菜やお肉の味も染み出た後だからこその、この〆がバツグンでした。

思い返せば、「塩レモン鍋」は2014年に注目された鍋のひとつ。店頭で見た時は変わり種だと思いましたが、意外と “新たな定番” になっているのかも。

このほかの鍋つゆは、以下に筆者の好み順でご紹介します。

海老仕立て 味噌鍋つゆ

カルディ 鍋つゆ 海老仕立て 味噌鍋つゆ

パッケージにある調理例をもとにいただきます。煮立ったダシに鶏肉・鶏つみれ を入れた時点で「間違いなく美味しいでしょ」と、勝利を確信しました。

カルディ 鍋つゆ 海老仕立て 味噌鍋つゆ2

こちらもシメが美味しいのが印象的で、ごはんと溶き卵で雑炊に。雑炊だとおだしも一緒に食べるので、ダイレクトにうまみを感じます。

鍋の具材を食べているときと、シメの時の印象の変化は「塩レモン鍋」の方が強かったため、個人的好みでは2位になりましたが、甲乙つけがたい美味しさでした。

海苔鍋つゆ

カルディ 鍋つゆ 海苔

有明産海苔を使用。中身を鍋に出した時はトロっとしていて、濃厚そうなイメージでしたが、野菜など具材から水分が出て、出来上がりは意外にもサラっとしたおだしに。

カルディ 鍋つゆ 海苔2
カルディ 鍋つゆ 海苔3
画像左:トロっとした鍋つゆ/画像右:野菜などの水分でサラっとしただしに

昆布だしにかつおエキスと、和のおいしい鍋つゆです。“黒い鍋” というのが珍しい。さっぱりと食べられて、こちらもシメの雑炊が美味。

かんずり鍋つゆ こく旨味噌仕立て

カルディ 鍋つゆ かんずり
カルディ 鍋つゆ かんずり2

筆者はここで初めて知った「かんずり」ですが、新潟では鍋料理の添え物として使われる薬味。唐辛子、糀、柚子、塩を発酵させた辛味調味料で、「西の柚子こしょう」「東のかんずり」と言われるのだそう。

そんなかんずりが鍋つゆに。

控えめながら辛味もあり、調理例として挙げられていた豚バラ肉とも相性◎。ゆずの香りはあまり感じませんでしたが、寒い季節に身体があたたまる鍋つゆです。

いずれの鍋つゆもカルディ店頭やオンラインストアにて取り扱い。(品切れの場合もあり)

未知の味の鍋を試すのも、ちょっと刺激的でおうち時間が楽しくなりますよ。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

 シェアする LINEで送る

あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ