ラインスタンプ

2018年12月06日 うめっち/更新:2018.12.06

できたてからあげクンロボ登場!将来的には完全自動化へ

 シェアする

注文が入ってから調理を行い、提供する「できたてからあげクンロボ」が2018年12月11日より、期間限定でローソンTOC大崎店に登場します。

できたてからあげクンロボ登場!将来的には完全自動化へ

ローソンはクリスマスシーズンにむけ、からあげクンを揚げたての状態で食べてもらえるようにと「できたてからあげクンロボ」を完成させました。

ローソンでは年間約40000トンの鶏肉商品を店内調理してカウンターで販売。からあげクンに換算すると年間20億個分にもなるという。

期間限定登場させるできたてからあげクンロボでは、“出来立て商品” に対するお客のニーズ検証を行い、将来的には完全自動化を目指す方向。

ロボでの提供メニューはレギュラー、レッド、チーズの3種類。カウンターでからあげクンを注文・購入し、ロボにバーコードをスキャンして入れ物をセット。調理後、トビラをあけて取り出すという流れ。

できたてからあげクンロボによる揚げたての提供はローソンTOC大崎店(東京都品川区大崎1-6-1)にて、12月11日~28日まで(10時~21時)。※12月11日~16日は17時まで。

なお、自宅で揚げたてに近いからあげクンのおいしさを再現できる方法が2018年12月中旬にローソンHPやSNSで紹介される予定。

sponserd link
ad1
ページ上部へ