ラインスタンプ

orange(オレンジ)実写映画化、原作もキャストもこの冬注目の作品!

 シェアする

2015年11月14日 12:07 記事/うめっち

不思議なシュチュエーションが余計に胸キュンさせる、高校生の純愛とあったかな友情に涙する青春ストーリーマンガ「orange」の実写映画が、2015年12月12日に全国で公開となります。

orange(オレンジ)実写映画化、原作もキャストもこの冬注目の作品!
(C)2015「orange」製作委員会 (C)高野苺/双葉社

キャストはNHK連続テレビ小説「まれ」で新・国民的女優となった土屋太鳳(つちやたお)さん。そして、同ドラマでも相手役を好演した山崎賢人さんの “まれコンビ”が、映画orangeで復活します。

原作マンガは2015年11月12日に最終巻の第5巻が発売され、今注目の作品です。ちょっと笑えて、あったかな気持ちになれる青春の物語です。

sponserd link
ad1

映画orange ストーリー、予告、キャストまとめ

orenge あらすじ
高校2年生の春、菜穂に届いた手紙。それは10年後の自分からのものだった。書かれていたのは、

転校生の翔(かける)を好きになること。
翔が1年後には死んでしまっているということ。
翔を失って、自分を含む仲の良かったグループのみんなは後悔を消しきれず、今も思い悩んでること…。

初めはイタズラかと思っていたが、書かれていることが次々と起こっていく。なぜ翔を失ってしまったのか?26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないためにはどうすればいいのか?動き出す、未来を知った菜穂が運命を変えていく日々。その先にある、暖かくも切ない<結末>とは―――。

キャスト▼
土屋太鳳(高宮菜穂 役)、山崎賢人(成瀬翔 役)
竜星涼(須和弘人 役)、山崎紘菜(茅野貴子 役)、桜田通(萩田朔役 役)、清水くるみ(村坂あずさ 役)

映画 orange(オレンジ) ポスター写真
(C)2015「orange」製作委員会 (C)高野苺/双葉社

原作ではラブストーリーだけでなく、心がとてもあたたかくなる友情も厚く描かれており、映画ではこれがどのように表現されるのか楽しみ。

以下は予告動画。主題歌はコブクロ「未来」となっており、あたたかさと切なさが込み上げます。


以下は原作漫画の紹介動画。


映画orangeは2015年12月12日、全国東宝系にてロードショー。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ