ラインスタンプ

カップdeヤクルト、人気につき再販売2016年3月まで

 シェアする

2016年01月06日 19:00 記事/うめっち

食べるタイプのヤクルト、カップdeヤクルトが2015年11月30日から全国で発売されました。

これまでは「飲むシュークリーム」「飲む小枝」など、固形⇒液体の斬新なコンビニスイーツが時々商品化されては話題になっていましたが、「カップdeヤクルト」はその反対で液体⇒固形へと変身したスイーツ。

カップdeヤクルト、人気につき再販売2016年3月まで

食べるヤクルトにするにあたっては生クリーム仕立ての濃厚な味わいをプラスし、「乳酸菌シロタ株」が1個につき10億個!に仕上げたのだそうです。

元々、2014年10月~2015年3月までの期間限定発売だったそうですが、好評により期間延長。一時販売をストップし、パッケージデザインをリニューアル。

今回も期間限定ですが、2015年11月30日から2016年3月下旬まで再登場しています。

sponserd link
ad1

カップdeヤクルト ヨーグルトのような、ミルクプリンのような?新食感

カップdeヤクルトをスプーンですくった時はミルクプリンのような、ちょっと弾力のありそうな手ごたえ。

カップdeヤクルト 中身

しかし口に入れるとプリンとヨーグルトの間くらいの柔らかさで、最後はスッと溶けていくように喉に流れ込む感じ。

味わいはヤクルトの甘みと、ちょっとした酸味。そして、生クリームの濃厚さもあっておいしい。いつものヤクルトをスプーンで食べているなんて、ちょっと不思議な気分になります。

カップdeヤクルトは全国のスーパーやコンビニで販売中です。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ