ラインスタンプ

2018年10月01日 うめっち/更新:2018.10.01

森永チョコフレーク販売終了、50年以上の歴史に幕

 シェアする

森永製菓のロングセラー商品「チョコフレーク」が販売終了となることが森永製菓の発表で分かりました。

チョコフレークはコーンフレークをチョコでコーティングした商品で、1967年に誕生。50年以上も愛され続けてきたおやつですが、これを生産する森永スナック食品(千葉県)工場を閉鎖するにあたり、同時に販売も終了へ。

森永チョコフレーク販売終了、50年以上の歴史に幕
Photo / 森永製菓YouTube

森永製菓は老朽化した設備の更新、適正な人員確保、輸送効率の向上など様々な理由から、国内生産拠点の再編成に取り組むとし、森永スナック食品(千葉)を2019年12月に、森永甲府フーズ(山梨)を2020年3月に閉鎖。

再編後は国内7工場で人気商品の製造を行う。

閉鎖される2工場で製造中の商品は、ハイチュウプレミアム、ハイチュウミニ、ポテロング、チョコフレークなどがありますが、このうち、「チョコフレーク」と「5袋ミニポテロング」が販売終了。このほかは別工場へ移管される予定となっています。

各工場の商品生産は順次終了されるとみられ、森永チョコフレークが楽しめるのはあとわずかとなりそうです。

sponserd link
ad1
ページ上部へ