ラインスタンプ

2019年09月13日 うめっち/更新:2019.09.13

タピオカにチーズティー、流行ドリンク気になるカロリーは?太らず楽しむ方法

 シェアする

東京をはじめ、いまや地方にも怒涛の勢いで出店が相次いでいる「タピオカ」を使用したドリンクのお店。

専門店もあれば、コーヒーチェーンやファストフード店が取り扱いを始めるなど、その勢いは今も健在です。

タピオカにチーズティー、流行りのドリンク ダイエット的にどうか?

そして、ネクストブームは「チーズティー」ともいわれており、取り扱い店がこちらも増えている印象。

どちらも台湾発祥の飲み物で “毎日飲みたい!” とハマっている人も多いようですが、流行りに敏感な女子たちは、同時に「ダイエット」「体形」も気になるはず。

はたしてこの流行りの飲み物たち、ダイエット的にはどうなのか?

タピオカドリンクやチーズティーについてダイエットの観点から、「マイクロダイエット」を展開するサニーヘルス社が調査レポートを公開しました。

sponserd link

タピオカとは?チーズティーとは?

ここで、タピオカドリンクやチーズティーについておさらいを。

タピオカドリンク
「タピオカ」は、キャッサバという芋の一種が原料に使われ、このでんぷんを丸めて作られたもの。これに、ミルクティーなどのドリンクをあわせたドリンク。

チーズティー イメージ画像

チーズティー
チーズティーとは、台湾茶や紅茶などお茶の上にふわふわのチーズクリームをトッピングした飲み物。意外にも思える組み合わせですが、チーズにはクリームチーズが使用され、生クリームなどをあわせているので少し甘じょっぱい “レアチーズケーキ” のようなイメージ。

いずれも、提供されるカップや見た目の可愛さ・食感の楽しさ、紅茶の香りの良さが相まって人気となっています。

タピオカは炭水化物・糖質の塊! 甘さや量・頻度で調節を

タピオカの栄養はカリウムやカルシウムがほんのわずかに含まれている程度で、ほぼ炭水化物で糖質の塊と言って良い。

しかし、茹でられたタピオカは水分約85%、炭水化物15gで、100gあたり62kcalとタピオカ自体は意外にカロリーは高くない。黒糖タピオカの場合は糖質が高まります。

プルンとした食感が故に、ゼリーなどのように食物繊維入りのものと勘違いしてしまいそうですが、それとは異なるものと認識していたほうがよさそう。

また、アラサー筆者による個人的な感想として、タピオカはものすごい満腹感あり。デザートドリンクですが、普通に食事をした時に近い満腹感があるほどです。

また、チーズティーに入っている「チーズクリーム」は、100gあたり300~340kcal、脂肪は33gのクリームチーズが主に使用され、このほか、生クリーム・砂糖・塩でできています。

気になるカロリーは?

サニーヘルス社によると、ドリンク全体のカロリーとしてはそれぞれ400~500kcal(1杯につき500ml弱として)になるそうで、

タピオカやチーズクリームに合わせる飲み物が加糖のものだったり、トッピングなどをすると、カロリーが600~700kcalにも跳ね上がることも。

甘さの調節がきくお店であれば「無糖」を選んだり、小さいサイズを注文する/毎日ではなく「ご褒美」的な存在として…など、工夫をしつつ楽しむとよさそうです。くわしくは「microdiet.net」の最新記事よりご確認ください。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ