ラインスタンプ

篠原涼子に江口・吉瀬…「オトナ女子」の豪華キャストの秋ドラマ

 シェアする

2015年10月01日 16:00 記事/うめっち

2015年10月15日スタートのドラマ・オトナ女子 の予告が現在公式サイトで公開中。
映画「アンフェア」ではクールな刑事役を演じきった篠原涼子が、今度は「仕事はバリバリで男性に対してアゲマン気質だが、都合の良い女になりすぎて結局男性が離れていく…」という40歳の女性に扮します。

篠原涼子に江口・吉瀬…「オトナ女子」の豪華キャストの秋ドラマ
Photo by an・an 2013年 9月11日号

主演・篠原涼子の脇を固めるのは、吉瀬美智子・鈴木砂羽・江口洋介・谷原章介…という、豪華俳優陣!主演クラスのキャストが勢ぞろいで、なおかつ個性的な役柄とあって、この秋注目のドラマとなりそうです!

sponserd link
ad1

ドラマ「オトナ女子」ストーリー

主人公・中原亜紀(篠原涼子)は40歳独身の会社社員。デビューを目指す年下のミュージシャンと暮らしている。しっかり者だが、恋愛面では相手に尽くしすぎてしまい、なかなか幸せを掴めず彼に本音も出せない。

心を唯一許せるのは、同い年で独身である2人の女友達。
惚れっぽく色んな男性にアプローチしているフラワーショップ店長の萠子(吉瀬美智子)とバツイチで3人の子を女手一つで育てるみどり(鈴木砂羽)だ。3人はなにかにつけて女子会を開き、愚痴を言い合っている。

そんな亜紀はバリバリのキャリアウーマン。これまで広告の仕事をこなしてきたが、この度会社が新規参入した「恋愛アプリ開発」の部署に異動となる(会社社長:谷原章介)。

亜紀は10年以上前に恋愛ドラマのヒット作を量産した脚本家・高山文夫(江口洋介)にアプリの監修を依頼しようと企画書を持ち込むが、これを見るなりダメ出しのオンパレード。

更に「40の女を、女子とは言いません」とバッサリ斬り捨てた彼に亜紀はカチンと来て言い返してしまう。アプリ開発はそんな最悪な出会いと共に幕開けとなった。

「まだ本当の相手に出会っていない」
「いくつになっても女子でありたい」
「オバサンとは呼ばせない!」

と、よくばりに幸せを模索する40代の恋愛模様が描かれます。

また、このドラマのメインビジュアルには、篠原涼子の「フルメイク」と「すっぴん」の両方が披露されたことでも話題になっています。

フルメイクをしているバージョンは “美しくありたいと努力する女性” を、素顔バージョンは “等身大のリアルな女性の内面にある美しさ” を、それぞれビジュアルでイメージするために撮影されたもの。

なんと、この両パターンは篠原涼子さんだけでなく共演の吉瀬美智子さん、鈴木砂羽さんも素顔とフルメイクで登場しているのですが、素顔バージョンのほうはとても“すっぴん”とは思えないくらい3人ともメイク後と変わらない美しさに驚きです。

久々に、公開前から期待値の高いドラマとなりそう。フジテレビの木曜ドラマ「オトナ女子」は2015年10月15日10時スタート。

via.木曜ドラマ オトナ女子/フジテレビ

ad2


あわせて読みたい

edit 『 エンタメ・一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ