ラインスタンプ

衝撃的な見た目…エイリアンラーメンのスープは緑色?!福岡に驚きグルメ

 シェアする

2018年03月05日 22:00 記事/うめっち

この世のものとは思えぬグロテスクな見た目から、“有明のエイリアン” として一時 話題となった「ワラスボ」がインスタントラーメンになっちゃった!

エイリアンラーメンは緑色のエイリアンのダシ入り!?福岡の謎グルメ

福岡県柳川市。華やかに雛祭りを「さげもん」で飾り付けるなどほのぼのとしたイメージのこの町で、「エイリアンラーメン」と出会いました。

エイリアンラーメンとは、有明海にしかいない「ムツゴロウ」と並ぶ珍しい魚・ワラスボのダシを使用したラーメン。

ワラスボはこのエリアでは食べられているようで、その美味しさを伝えようと「エイリアンラーメン」が作られたのだとか。

というわけで、恐る恐る実食。

sponserd link
ad1

エイリアンラーメン、お味はいかに?

エイリアンラーメンの袋を開けると、粉末スープが入れられた小袋にシンプルに「ALIEN」の文字。このシンプルさが、どこか不気味さをさらに感じさせます。(具はなし。乾麺と粉末スープのみ)

エイリアンラーメン パッケージ

エイリアンラーメン パッケージ2

パッケージ裏にある手順通り、沸騰したお湯に麺を入れてほぐし、スープを入れて…とやっていくと、

エイリアンラーメン 画像2

なんとも言えない緑色をしたスープが出来上がりました…。

エイリアンラーメン 画像

う…わぁ……!

この緑の液体は、「エイリアンの体液」をイメージしてつくられたというこだわり。とても食欲はそそられないが、エイリアン演出としてはかなりのインパクトです。煮込むとトロミがついてさらに…。

この色のスープからは味の想像がつきませんが、実際に食べてみると和テイストの味でした。ワラスボでとったダシを使った特製塩スープなのだそう。

麺は、福岡のラーメンを作るためだけに生み出されたという「ラー麦」が使用されており、食べ応えアリ。

麺も具も、この緑のスープに浸かっている時間が長いほど緑に染まっていくので、写真を撮ったりして楽しみたい方は麺が伸びないように、ゆで上げを早めにすると良いかもしれません。

エイリアンラーメンはこれを製造販売する「有明茶屋」がある福岡県柳川市のお土産店のほか、通販もあり

エイリアンの干物もある

ちなみに、ワラスボを「エイリアン」として世に知らしめたのは2015年に佐賀県佐賀市が公開したプロモーション動画「W・R・S・B(ワラスボ)」。


この動画の最後に出てくるおじいちゃんが「うまかぁ~」と言いながら食べるワラスボの干物(骨せんべい?)がこのラーメンについていたら、もっとインパクトありそうですが、食べる自信は…ない…と思った筆者でした。

ad2


あわせて読みたい


edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ