公開:2024年07月10日 伊藤 みさ/更新:2024.07.10

「これ何!?」芋圓蒟蒻QQ球、業務スーパーの台湾スイーツどうやって食べる

コスパの良さ、大容量、飲食店のプロも利用するお店だけど一般利用もOK!などで人気、“業スー”こと 業務スーパーで、異国の雰囲気漂いまくりの見慣れぬ商品
芋圓蒟蒻QQ球を発見。

「これ何!?」芋圓蒟蒻QQ球、業務スーパーの台湾スイーツどうやって食べる

芋圓蒟蒻QQ球(ユーユェンコンニャクキューキューキュー)・・・。

中身がどんなもので、どうやって食べたらいいか名前からは見当もつかない筆者でしたが、袋のイメージ画像のように食べられるよう材料を揃えて帰ってきました。

やさしい甘みの芋圓蒟蒻QQ球、低カロリーで罪悪感なく食べられる

芋圓蒟蒻QQ球(ユーユェンコンニャクキューキューキュー)とは、こんにゃく・もち粉・さつまいも・栗 を使用した新食感の芋圓(ユーユェン:芋の団子)で、甘さ控えめのシロップに漬け込んだというもの。

業務スーパー 芋圓蒟蒻QQ球 中身

ちなみに、「QQ」とは 弾力のある / もちもち という意味なのだそう。つまり「蒟蒻入りもちもち芋団子」というニュアンスの商品名でしょうか。

その名から、芋の食感をメインに想像していた筆者ですが実際に食べてみると蒟蒻が強めでした。玉こんにゃくのぷるんとした食感の中にほんのり甘みと芋・栗の香りがする。

もっちりの印象が個人的には少なかったですが、あっさりしているので罪悪感少なく食べられそうです。

カロリーは100gあたり33kcal。1袋に1kg入っているので、全部食べても330kcalです。

まずは豆花(トーファ)やフルーツ・あずきなどと一緒に盛り付けてアジアンスイーツ風に。

業務スーパー 芋圓蒟蒻QQ球 アジアンスイーツ風

豆花(トーファ)は豆乳を粉ゼラチンで固めて作りました。材料が揃えば気軽にちょっと珍しいデザートがつくれます。(豆花(トーファ)も売っていたらより気軽だった)

このほか、ココナッツミルクに浮かべたり。

業務スーパー 芋圓蒟蒻QQ球 ココナッツミルクと一緒に

ダイエット中の甘い物を欲した時によさそうな感じでした。

シロップにつけてあるので優しい甘みがついていますが、クセがないので料理に使う人もいるよう。

炒め物や甘辛い味付けの煮物にも合うようで、ちょっぴりカラフルな仕上がりになりそうです。

区切り

業務スーパーは神戸物産(兵庫県加古川市)が展開する食品スーパー。国内の自社工場で様々なオリジナル商品を作るほか、世界各国で愛されるものを直輸入。

そのため、コスパの良い大容量商品や他の店ではあまり見たことがない海外の商品を見かけることもしばしば。

今回ご紹介した「芋圓蒟蒻QQ球」は近年、日本国内でのアジアンスイーツ人気を受け、台湾の代表的なもちもちスイーツ「芋圓」をオリジナル商品として2023年に発売していたとのこと。

製造は国内自社関連工場で、とのことです。

twitterでシェア シェアする LINEで送る

  • 当サイトの掲載内容は、公開時点または取材時点の情報です。最新記事・過去記事に限らず公開日以降に内容が変更されている場合がありますので、ご利用前に公式の最新情報を必ずご確認下さい。
  • 記事の内容については注意を払っておりますが、万一トラブルや損害が生じても責任は負いかねます。ご自身の判断のもとご利用ください。
  • 当サイトはアフィリエイトプログラムを使用しています。

忍者とインコ LINEスタンプ

あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ