ラインスタンプ

2014年12月18日 Mika Itoh/更新:2014.12.18

1枚布で簡単!重さを分散できて両手が使える「抱っこひも」の使い方

 シェアする LINEで送る

抱っこが必要な年齢の小さな子供を抱えるママは、本当に大変。日本にもいろんな「抱っこひも」がありますが、海外で火がついて日本上陸している 1枚布で作る抱っこひもが、とても便利なのでご紹介。

1枚布で簡単!重さを分散できて両手が使える「抱っこひも」の作り方

収縮性のある1枚布を、体に密着させて巻いていくだけで出来上がる ボバラップ(Boba Wrap)が簡単で体への負担も少ない為、人気がでています。

ボバラップ(Boba Wrap)とまったく同じスタイルで、メーカー違いの スリーピーラップ(Sleepy Wrap)や、モービーラップ(moby wrap)など類似品も沢山出ており、どれも使い方は同じです。

sponserd link

ボバラップの何がいいの?

ボバラップをはじめとする、収縮性のある1枚布で作る「抱っこひも」の良さは、薄いのにしっかりしていて、体の負担が少ないこと。主に以下のポイントがあります。

  • 薄くて嵩張らない
  • 両手が使えて動きやすい
  • 子供の体重がかかる場所が分散されるため、ママの体に優しい
  • デザインがシンプルで使いやすい
  • 子供の脱着が簡単
  • 体に当たる部分が紐ではなく幅の広い布の為、肩や腰に食い込むことが無い
  • 装着部品が一切ない
  • 巻き方のアレンジがきく

などがあります。

ボバラップを巻く方法 動画

実際の巻き方は以下の通り。


そして、巻いた後に子供を実際に抱っこしてみます。


赤ちゃんを取り出す時は、以下の様に。


日本語版は以下。


via.ボバラップ(Boba Wrap)

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

 シェアする LINEで送る

あわせて読みたい

edit 『 生活・ライフハック 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ