ラインスタンプ

2021年04月30日 Mika Itoh/更新:2021.04.30

インコの為の大型バードアスレチック(バードジム)を手作り!ラクちんプチDIY

 シェアする LINEで送る

インコなど鳥たちの遊び場、バードアスレチック(バードジム)。鳥を飼っていると、鳥かごから出してあげる“放鳥タイム” がありますが、

市販のバードアスレチックは小ぢんまりしたものが多く、もっと広いところで遊ばせてあげたいなと思っていました。

インコの為の大型バードアスレチック(バードジム)を手作り!ラクちんプチDIY

とはいえ、部屋が広いわけではないので、大きなバードアスレチック(バードジム)を買ったとしても置く場所もない…。こんな時に「こんなのあったらいいな!」という理想のバードアスレチックを自作してみました。

sponserd link

カンタン手作り!大型バードアスレチック(バードジム)

以下の動画は、筆者が手作りしたバードアスレチック(バードジム)で遊ぶ、鳥さんたちの様子です。

設置したばかりの時は、オカメインコは怖がって近寄りませんでしたが、冒険心の強いうちのセキセイインコはすぐに遊び始め、それを見たオカメさんもすぐに慣れました。

今では放鳥時にすぐバードアスレチックにとまるほどお気に入り。伸び伸びと楽しんでくれています。

吊下げ型 大型バードアスレチックの、いいところ

筆者は、オカメインコとセキセイインコの雛と暮らしています。

オカメインコさんの大型バードアスレチック(バードジム)
甘えん坊なオカメインコさん

セキセイインコの為に大型バードアスレチックを手作りする
水浴び大好きなセキセイインコさん

雛といっても、生後2ヶ月を超えると元気よく飛び回ります。しかし、止まる場所に困ることも多いようで、カーテンレールの上やエアコンの上など、飼い主の手が届かない(掃除もしにくい)ような場所によく止まります。

飼い主が止まってほしくない場所(フンをされて困る場所)にインコたちが行かないようにするためにも、飛んだときに戻ってきやすい場所に、止まり木やバードアスレチックがあると便利です。

オカメインコとセキセイインコの雛に、バードアスレチックを自作する!

筆者が吊下げ式にしたのは単純に、大型のバードアスレチックを置く場所が無かったから(笑)また、日中はひなたぼっこも出来るように、窓際にバードアスレチックを置きたいと思っていました。

ハンガースティックで吊り下げたバードアスレチック/昼間の様子
ハンガースティックで吊り下げたバードアスレチック/昼間の様子

間取りの問題もあり、窓際に鳥かごを置いてしまうとベランダへの出入りが難しくなるため、ハンガースティックを使い吊下げ型にしてみることに。これがなかなか使いやすくて、おすすめです!

自作の大型バードアスレチック(バードジム)を作りに、用意したもの

  1. 木製マルチラック(ダイソー)
  2. ワイヤーネット(ダイソー)
  3. 結束バンド(ダイソー)
  4. ネックストラップ×2(家にあったもの)
  5. 綿ロープ×4(セリア)
  6. カードリング(セリア)
  7. 突っ張り棒×3(ダイソー)
  8. 木製の丸棒(セリア)
  9. フォトフレーム(セリア)
  10. ハンガースティック(アマゾン)
  11. ポリカーボネート板(家にあったもの)
  12. その他、市販の鳥さん用オモチャいろいろ(飾付け)

筆者がバードアスレチックづくりに使ったアイテムは、こんな感じ。細かいモノはほとんど、ダイソーやセリアなど100円ショップのプチプラで揃います。

出来上がったバードアスレチックの大きさは、約90cm×90cm。ハンガースティックに通した突っ張り棒を、ワイヤーネットに差し込んで使っています。もっと長い突っ張り棒を使えば、もっと広いスペースで作ることも可能。

筆者の場合は、下の土台部分をダイソー「木製マルチラック」のパーツを横に繋げて使ったいたので、突っ張り棒はその幅にあわせて選びました。

木製マルチラックのパーツは “すのこスタイル” のため、フンが下の絨毯に落ちないように、透明のポリカーボネート板(鳥かご保温カバーを自作した時に使って余ったもの)を敷いています。フン除けになれば、敷くものは何でもOK。

インコの為の大型バードアスレチック(バードジム)を手作り

止まり木にした突っ張り棒は、すべりやすいので綿ロープを巻いています。

また、止まり木が突っ張り棒だけだと面白くないので、フォトフレームのフレーム部分だけを使って組み合わせ、止まり木として活用してみました。ワイヤーネットとの連結には、結束バンドを使用。

インコに大型バードアスレチック(バードジム)止まり木にフォトフレーム活用
上部の止まり木は、フォトフレームを活用

インコに大型バードアスレチック(バードジム)を自作してみた
おもちゃを飾って賑やかに

あとは、市販の鳥のおもちゃなどを飾って出来上がり。プチDIYなのでドライバーは使用せずにカンタンに自作できます。吊下げ型のバードアスレチック、おすすめです!

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

 シェアする LINEで送る

あわせて読みたい

edit 『 生活・ライフハック 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ