ラインスタンプ

2014年10月30日 伊藤 みさ/更新:2014.10.30

ファンタジーランド大規模開発!ディズニーランド 5000億投資で

 シェアする LINEで送る

東京ディズニーランド・ディズニーシーを運営する「オリエンタルランド」が、東京ディズニーランド内の
ファンタジーランドや ディズニーシーの新テーマポートを総額5000億レベルの多額の費用を投じて大規模開発していく動きをスタートさせた、として発表しました。

ファンタジーランド大規模開発!ディズニーランド 5000億投資で

ディズニーランド、ディズニーシーでは今後10年間(2015年3月期から2024年3月期)で大規模な開発を進める、として今年4月に発表がありましたが どのような構想で行われるのか?という具体的なものが、今回の発表内容。

sponserd link

5000億レベルの投資で実現しようとするものとは!?開発構想全容

今回の開発構想について分かった事は大まかにいうと3本柱がある。

1つ目:ファンタジーランド(ディズニーランド内)の刷新・拡充
2つ目:8つめの新テーマポートを東京ディズニーシー内につくる
3つ目:バックステージにも1000億円かけて運営基盤を強化

ディズニーランド ファンタジーランド大規模開発
(c)Disney

1つ目の構想にあるファンタジーランドとは、
「プーさんのハニーハント」や「空飛ぶダンボ」など小さなこどもから楽しめるアトラクションゾーンのことで、これを刷新/拡張していき現在の面積約2倍にしていくのだという。

また、パレードルート沿いに食事をしながらゆっくりパレード鑑賞ができるレストランも導入予定。

2つ目は東京ディズニーシーの「ロストリバーデルタ」の南側の拡張用エリアに大型アトラクションやレストラン、ショップなどを含む「8つめの新テーマポート」の開発を行うこと。ショー鑑賞エリアの再整備も2015年3月利用開始をめどに行っていく。

これに加え2パーク共通項として、スペシャルイベントの展開にも力を注ぐという。

また、およびレストランのさらなる充実や混雑感の緩和、暑さ・寒さ対策などの環境づくりも積極的に行い、

人材育成の強化にこれまで以上に取り組んでいくことでディズニーテーマパークにとって欠かすことのできない「キャストによるホスピタリティ」を更に高める、とのこと。

今回発表されたこのプロジェクトはディズニーランド、ディズニーシーにおける追加投資額としては「過去最大」となる予定。今後10年で、どのように変わっていくのかが楽しみです!

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ