ラインスタンプ

2018年02月24日 mimi/更新:2018.02.24

日本で一番早い桜、世界遺産の今帰仁城跡で鮮やかに

 シェアする

日本で一番早く咲くと言われている、沖縄県の今帰仁城(ナキジングスク)跡。本州はまだ寒い1月~2月に、沖縄県では桜のシーズンを迎えます。

日本で一番早い桜、世界遺産の今帰仁城跡で鮮やかに

今帰仁城跡では毎年、1月末頃から2月上旬にかけて桜まつりが開催され、桜まつりの期間中は夜に城壁のライトアップも行われています。

今帰仁城跡の桜2

2018年は強烈な寒波がやってきたこともあり、通常では桜が終わっているハズの2月18日、まだ美しい桜を見ることが出来ました。

sponserd link
ad1

今帰仁城跡の桜、ピンク色が綺麗な「寒緋桜」

以下の動画は、今帰仁城跡の風景と桜の様子。


今帰仁城跡の桜は、寒緋桜(カンヒザクラ)。

今帰仁城跡の桜は、寒緋桜(カンヒザクラ)

ソメイヨシノと比べるとかなり鮮やかなピンク色で、色は桃の花に近いでしょうか。花びらが下を向いて咲きます。

今帰仁城跡の桜

今帰仁城跡の桜3

世界遺産に登録されている今帰仁城跡の上までのぼると、城跡を見渡すことが出来ます。

今帰仁城跡の風景

今帰仁城跡、上からの眺め

沖縄の桜シーズンはもう終わりとなりますが、晴れた日には青い空と溶け合うような海の、水平線が広がる気持ちの良い景色も楽しめますよ。

今帰仁城跡の寒緋桜

今帰仁城跡

名称 今帰仁城跡
住所 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
料金 大人400円、小中高生300円、小学生未満は無料
時間 5月から8月は8時~19時/それ以外の月は8時~18時
問合せ 0980-56-4400
備考 駐車場は無料。桜まつりは毎年1月下旬~2月上旬まで。
関連 沖縄県のグルメ&おでかけスポット

※内容は執筆時のもの。営業を確認してからお出かけ下さい。


あわせて読みたい


edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ