ラインスタンプ

2018年06月16日 うめっち/更新:2018.08.20

東山動物園、イケメンすぎるゴリラほか展示数日本一!広すぎる園内の見どころ

 シェアする

イケメンすぎるゴリラ「シャバーニ」が居る動物園として、2015年に一躍全国にその名を轟かせた東山動物園。

東山動物園、イケメンすぎるゴリラほか展示数日本一・広すぎ園内の見どころ

シャバーニ人気は衰えず、今もゴリラ舎前にはカメラを手に構えた “シャバーニ待ち” の来園者がいるほど人気は健在です。

東山動物園 正門

気まぐれで外に出てこない日もあるというシャバーニですが、当編集部は幸運にもたっぷりと拝ませて頂きました。その様子をはじめ、東山動物園の魅力を紹介していきます。

sponserd link
ad1

何はともあれ、まずはイケメンゴリラを見せてくれ!

東山動物園 イケメンすぎるゴリラ シャバーニ画像2
集まったギャラリーを見定めるようなまなざし

大勢の興奮するギャラリーを、じっ…と冷静な眼差しで見渡し、時折シャッターチャンスを作ってくれているかのように決めポーズ(しかも静止タイムあり)を見せてくれるシャバーニ…!なんというサービス精神。

ゆっくりと、一通りの角度に顔を向けてはシャッターチャンスを作ってくれるシャバーニに、来園者も「ああっ、こっち向いた!」「シャバーニ出てきたぁぁぁぁあ!」と大興奮。

以下の動画は、そんなシャバーニの様子。

Youtubeチャンネル


シャバーニはゴリラでありながら公式写真集やDVDも発売している、伝説のイケメンゴリラ。

そんな人気もあってか、2018年秋からは現在のゴリラ舎の向かいに完成予定の新「ゴリラ・チンパンジー舎」へとお引越しする予定になっています。

東山動物園 イケメンすぎるゴリラ シャバーニ画像3
たくましすぎる背中

このお引越しに伴い、時期によっては動物の展示が行われていないこともあるようですので、お出かけ前にHPなどで要チェック!。

ゴリラだけじゃない!展示数日本一誇る、東山動物園みどころ

東山動物園は正式には「東山動植物園」と言い、動物園と植物園が併設されています。

その敷地は、とにかく広大!園の正門から入ってまっすぐ歩けば「動物園本園」、左手に向かって小高い丘を上がっていくと「動物園北園」と「遊園地」、さらに奥には「植物園」が広がっています。

今回はそのうち、動物園エリアの様子をご紹介していきます。
以下の動画は、動物園のハイライト。


コアラやキリンなどの人気動物をはじめ、大きなゾウから小さなメダカまで約500種の動物が東山動物園に展示されています。この展示数は、なんと日本一!

そのため、動物園・遊園地・植物園…と全てをまわれば、丸1日ここで過ごせてしまいます。

東山動物園「本園」はコアラ・ライオン・鳥など人気動物が

イケメンゴリラと共に、東山動物園のアイドル的存在なのが「コアラ」。

東山動物園 コアラの画像

コアラ舎は専用の室内展示エリアが設けられており、ガラス越しにその姿を見ることができます。

東山動物園 コアラ舎

木の上で生活する動物というだけに室内には木が組まれていて、筆者が訪れた時は木と木の間で眠るコアラたちの姿がみられました。

このほか、日陰で休憩中の「ホッキョクグマ」

東山動物園 ホッキョクグマの画像

水の中で気持ちよさそうな「アシカ」

東山動物園 アシカ

ライオン、キリン、ゾウ などの人気動物たち。

東山動物園 ゾウ

人と鳥を隔てる柵がない「バードホール」では、クジャクなどがお出迎え。鳥たちの方から近づいてくることも。

東山動物園 バードホール

動物たちの実際の大きさを体感できるオブジェも園内のあちこちにあり、

東山動物園 園内ベンチなど

お土産ショップやレストラン、休憩用ベンチなども各所に設置され充実しています。

こども動物園、気軽に動物と触れ合える

本園の一番奥には、子供たちに嬉しい“触れ合いができる” ゾーンが!

東山動物園 こども動物園ゾーン

このエリアには動物を放し飼いにしている事もあるため、エリア入口には「動物たちが逃げるので、扉を閉めてね」の案内が。自分で扉(腰丈の柵になっている扉)を開閉して中にはいります。

東山動物園 こども動物園ゾーン2

こども動物園の中に入ると、羊やヤギ、ウサギ、ブタなどの姿が。

東山動物園 こども動物園ゾーン3

手に届く範囲にまで近づくことの出来る動物が展示される「こども動物園」ゾーンでは、ヤギとひつじの餌やりタイムがあり、その時は柵から出てきます。

餌やり体験の時間が、一番近くで動物たちと触れ合うことができそう。

東山動物園の北園には、類人猿から夜行性動物・メダカ館も

北園はゴリラ・チンパンジーなどの類人猿ほか、キジ・ツル舎、カメ、オオアリクイ、

東山動物園 亀

カピバラ、オオカミ、アメリカバイソン

東山動物園 カピバラ

ワニ・ヘビ・夜行性動物などがいる「自然動物館」もあり。

東山動物園 自然動物館

また、メダカに特化した展示施設「世界のメダカ館」といった珍しい館も。

さらに、園内の中心には「東山スカイタワー」が建っています。

東山スカイタワー がぞう

東山スカイタワーは動植物園の入園料とは別に、300円の料金がかかります。動物園入園時に共通券を購入することも可能。

東山動物園の東山スカイタワー

このタワーからは街を見渡せるため、夜景スポットとしても知られており、動物園とは別に専用の門もあり、夜はこちらから出入りすることが出来ます。

初めての東山動植物園なら、園内トレイン利用も!

東山動植物園には、モノレールのような「スカイビュートレイン」が走っています。東山動物園はとにかく敷地が広いので、全体を俯瞰できる「スカイビュートレイン」の利用もおすすめです。(片道300円、1周500円)


スカイビュートレインの駅は「正門駅」と「植物園駅」の2カ所にあり。“先に一番奥の植物園から回りたい” という方なら、スカイビュートレインで植物園の入口まで連れて行ってもらえますよ。

東山動物園 スカイビュートレイン

全体の配置を知っていないと、いろいろと見落としてしまうエリアもありそうなほど広い、東山動物植物園。ぜひ、園内を回る前に計画を立ててみてくださいね。

名称 東山動植物園
住所 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
入園時間 9時~16時30分(閉園は16時50分)
休園日 月曜日(但し月曜が祝日などの場合は異なる)
入園料 大人500円、中学生以下は無料
年間パスポート2000円、スカイタワー共通券640円
問合せ 052-782-2111
備考 駐車場は正門前などにあり(有料)
備考 愛知県のおでかけ情報まとめ


あわせて読みたい


edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ