美し過ぎる冬だけの「氷のホテル」と「露天風呂」が北海道で

 シェアする

2017年01月29日 12:10 記事/mimi

北海道に今年も「氷のホテル」がオープンしました。氷のホテルは、星野リゾート トマム(北海道勇払郡占冠村占冠村中トマム)の氷の街・アイスヴィレッジに期間限定で誕生する、氷で出来たホテルのこと。

美し過ぎる冬だけの「氷のホテル」と「露天風呂」が北海道で

外装はもちろん、内装やベット、ソファー、テーブルなども全て氷で作られています。

それでなくとも、寒さの厳しい北海道。氷のホテルはさぞや冷え冷えなのでは…と想像しますが、国内最低気温の-29.7度を記録した2017年1月14日でも、氷のホテル内は-6度に保たれていたのだとか。

星野リゾート トマム 氷のホテル

ドーム型になっているホテル内は、風を遮っているためか外気と比べると、意外と気温が高くて驚きますが、それでも-6度。

ちゃんと寝られるのか心配になりすが、体の芯から温まる「おやすみドリンク」や、-30度まで対応可能な暖かい寝袋があるため、寝られるようです。

sponserd link
ad1

氷に囲まれた露天風呂「アイスインフィニティ」も

星野リゾート トマムでは、氷のホテルのオープンと同時に、氷に囲まれた露天風呂「アイスインフィニティ」も誕生しています。

氷に囲まれた露天風呂「アイスインフィニティ」

一瞬にして、お風呂の湯が冷めてしまいそうなロケーションですが、普段は絶対に体験できない世界です。静寂に包まれた白樺の森の中で、満天の星空の下、特別な体験をしてみたい方は是非。

ちなみに、氷の露天風呂「アイスインフィニティ」の見学は、アイスヴィレッジ営業時間中は誰でも出来るとのことで、アイスヴィレッジ営業後に1日1組限定で行われる「宿泊体験」で入浴することができる。

ホテル・露天風呂ともに、期間は2017年1月14日~2月28日まで。ホテルの宿泊料金は1人2万円で、1日1組2名限定。7日前までにインターネット予約が必要となっています。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ