ラインスタンプ

2020年02月08日 mimi/更新:2020.02.08

ダイソーの立体ヘアブラシ、確かに「サラサラ髪」になる!

 シェアする

100円ショップのダイソーやキャンドゥなどで最近よく見る、立体ヘアブラシ。いたって普通のヘアブラシに見えるのですが「とかすだけで髪サラサラ」が売りで、ダイソーでも良く売れている商品です。

ダイソーの立体ヘアブラシ、確かに「サラサラ髪」になる!

立体ヘアブラシのパッケージには「長短3段設計ブラシで、とかすだけ。髪サラサラ」の文字。本当にとかすだけでサラサラ髪に…?と半信半疑で、手に取ってみました。

実物は長さ19cmで、幅は広め。でも、とても軽い。悪くいえばちょっと安っぽいでしょうか(笑)

ダイソー、立体ヘアブラシの使い方

ブラシの毛の部分は、列ごとに長さの異なる長短の3段設計で、柔らかい。実際に髪をとかしてみると、ちょっと驚きました。

確かにサラサラになる!

そして何より、ストレスフリー。髪にストレスのない軽い櫛通りで優しく、髪がストンッと落ち着いてくれます。髪に余計な摩擦がないため、静電気もなし。

また、毛の部分が柔らかいので、お風呂で頭皮マッサージをするときに使ってもいいかもしれません。期待していなかっただけに、色々と嬉しい発見と驚きがありました。

sponserd link

タングルティーザーの人気ブラシをさらに改良?ダイソーの立体ヘアブラシ

ダイソーの「立体ヘアブラシ」に火が付く1~2年前、イギリス生まれ「タングルティーザー」のヘアブラシが女性の間で話題となりヒットしました。

タングルティーザーの人気ブラシをさらに改良?ダイソーの立体ヘアブラシ

2段構造の特殊素材でつくられたブラシが、髪の絡まりやダメージを最小限に抑えてスムーズに解きほぐしてくれ、さらツヤ髪にしてくれるという商品。

話題を集めた「タングルティーザー」ですが、価格は2000~3000円とちょっぴりお高めでした。

この大ヒットを受けてダイソーから登場したのが、立体ヘアブラシ。本体素材はポリプロピレンを使い、ほぼタングルティーザーと同じ。毛の部分は素材に違いがあるものの、使用感は遜色なく

それが100円で買えるとあって、話題になったようです。

持ちやすいように、持ち手(柄の部分)がカーブしているのですが、これは右利き用に作られているので左利きの人には少し持ちづらいかもしれません。

とはいえ、コスパ十分の商品でした。おすすめです。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 100円アイテム 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ