ラインスタンプ

2020年02月09日 mimi/更新:2020.02.08

サンゴ染め体験!沖縄・首里琉染で、旅の思い出になる手作りお土産

 シェアする

沖縄旅行の思い出に、サンゴ染め体験はいかが? サンゴ染め体験ができるのは、首里城のすぐそばにある首里琉染(しゅりりゅうせん)さん。このお店は、沖縄の草木染紅型研究所。

サンゴ染め体験!沖縄・首里琉染で、旅の思い出になる手作りお土産

サンゴ染め体験のほかに、紅型染め(びんがたぞめ)という、沖縄の伝統的な染色技法を用いた琉球染物の体験もできます。ちなみに、サンゴ染め体験ができるのは、沖縄でここだけ。

沖縄で「サンゴ染め体験」ができる、首里琉染さん

当編集部では、サンゴ染めに挑戦してきました!

sponserd link

サンゴ染めで何作る?Tシャツやトートバッグなどからアイテムを選ぶ

首里琉染の1Fには染め物雑貨などが置かれたショップになっています。

首里琉染、1Fは紅型のお土産など

体験は1つ上の階で行うため、受付を済ませたら階段で2階へ。

2Fに上がると体験用のサンプルが並んでいるので、Tシャツやトートバック、巾着、てぬぐいなど、何に染めるかを選びます。

鮮やかな南国カラーが素敵!サンゴ染めに挑戦

作るものが決まったら、席に案内され

沖縄で「サンゴ染め体験」に挑戦

テーブルの上には、体験で使うサンゴの型や、染料、色を塗布するための綿を布でくるんだ「たんぽ」などが並んでいます。

沖縄「サンゴ染め体験」で使う道具たち

染料で洋服が汚れるため、体験時には割烹着を貸してくれます。

沖縄で「サンゴ染め体験」割烹着でトライ
恥ずかしいとか言ってらんない

田舎のお母ちゃん姿で準備できたら、レッツトライ!

鮮やかな南国カラーがあざやか!サンゴ染めに挑戦

使う色は、赤色・青色・黄色・紫色の4色。

沖縄で「サンゴ染め体験」使うのは赤・黄・青・紫の4色
使うのは4色だけ!

これらの染料を使う分だけ小さな器にだして「たんぽ」に色をとり、こすっていきます。

沖縄で「サンゴ染め体験」でつかう、たんぽ
これが「たんぽ」

サンゴは波に打ち上げられ化石になったものを、型として使われています。表面にはサンゴの凸凹があるので、これを利用して模様を出していきます。ちなみに、型はサンゴの他にも、シーサーや魚の模様が出るものもあり。

沖縄で「サンゴ染め体験」サンゴの型

サンゴに布(今回はトートバック)を固定して、

沖縄で「サンゴ染め体験」サンゴの型に布を固定する

模様が出るように染料をつけた「たんぽ」で、こすっていきます。

沖縄で「サンゴ染め体験」たんぽで色をこすっていく

色は4色しかありませんが、青と黄色を重ねると「緑色」になり、黄色と赤を重ねると「オレンジ色」などなど、色んな色を創り出せるのも楽しい。

沖縄で「サンゴ染め体験」色を重ねてグラデーションに
色を上から重ねると、グラデーションも楽しめる

やり始めると夢中になり、黙々と染めること約1時間。トートバックに色んな型で色を重ねていき…完成!

沖縄で「サンゴ染め体験」トートバック完成!
完成したトートバック

サンゴのそばを魚が泳いでる感じで描いてみました。裏にはシーサーで、沖縄らしさUP!

完成したら簡易包装してくれ、お土産として持ち帰ることが出来ます。数日おけば、ふつうに洗濯することも出来ますよ。

沖縄・首里琉染で、サンゴ染め・紅型染め体験

サンゴ染め・紅型染め体験「首里琉染」

店舗名 首里琉染(しゅりりゅうせん)
住所 沖縄県那覇市首里山川町1-54
TEL 098-886-1131
時間 9時~18時まで
店休日 年中無休 ※サンゴ染め・紅型染め体験はTELまたはHPより事前予約を
料金 サンゴ染め 大人3000円、子供2500円
駐車場 5台分あり(無料)
関連 沖縄県のグルメ&コネタ&お出掛けスポット

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ