ラインスタンプ

2015年04月10日 Mika Itoh/更新:2015.04.10

大人になってた贅沢チョコボール、味も3種で当たりはプラチナ缶

 シェアする LINEで送る

森永のロングセラーで長く愛され続けている「チョコボール」から、大人バージョンが発売されていました。2014年6月に新発売されていたもの。

大人になってた贅沢チョコボール、味も3種で当たりはプラチナ缶

子供の頃は本当によく食べていたチョコボール。大人になってから、すっかりご無沙汰してしまっていましたが、久々に見かけたと思ったら大人仕様が出ていたとは。

2014年頃から、お菓子の大人シリーズが流行っていますね。「大人のきのこの山」「大人のたけのこの里」に、「大人の雪見だいふく」、「大人ポッキー」「大人のハッピーターン」「大人じゃがりこ」まで。

チョコボールもこの並みに乗っていたよう。さて、どんな感じに大人になったのか、確認してみたいと思います。

sponserd link

値段もオトナな、贅沢チョコボール

筆者が購入したスーパーの価格では、普通のチョコボールが70円、大人に贅沢チョコボールが148円(共に税別)。

値段もオトナな、贅沢チョコボール

並べてみると、大人バージョンはサイズが1.5倍、価格は2倍になっています。

大人に贅沢チョコボール、くちばし

開け方はどちらも変わらず、くちばしタイプ。

大人に贅沢チョコボール、カロリー高め

普通のチョコボールが 136kcalに対して、大人に贅沢チョコボールは225kcalと、こちらも2倍。

チョコボール比較

中身を出してみると、若干、大人のほうが肉厚な感じですが、正直パッと見では差は分からず、大差ありません。

大人チョコボールは、ピーナッツが香り高い

食べてみると、大人バージョンのほうが甘さ控えめのビターチョコになっていて、丁寧にコーティングされています。また、噛んだ時のピーナツの香りも少し違っていました。

大人チョコボール、イチゴとキャラメルも

イチゴ味とキャラメル味も、大人バージョンが登場していましたよ。また、チョコボールといえば、当たりが出たら貰えるおもちゃの缶詰。

大人バージョンもあるのか確認してみたところ、過去の人気缶を復活させた「宇宙缶」と「地球缶」のいずれかが貰えるようです。復活版のプレゼントは期間限定となっていますので、興味のある方は早めにチェックを。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ