ラインスタンプ

2015年05月11日 伊藤 みさ/更新:2015.05.13

東京オリンピックのおかげで週休3日!?ライフスタイル改革実現か

 シェアする LINEで送る

2020年に開催される事が決まった、東京オリンピック・パラリンピック。これが決まったおかげで、もしかしたら、会社や学校は週休3日制になるかもしれない!?とネットで話題となっています。

東京オリンピックのおかげで週休3日!?ライフスタイル改革実現する?

オリンピックの開催が日本(東京)に決まった事と、週休3日…何が関係あるのか…。と少々疑問に思いますが、その理由は文部科学大臣の発言にありました。

sponserd link

日本人のライフスタイルを改革!「夢ビジョン2020」発表

下村文部科学大臣が2013年に東京オリンピック・パラリンピック担当大臣に任命された際に表明した内容が「週休3日」に関わってきます。それは、

2020年を単なるオリンピックイヤーとするだけでなく、新たな成長に向かう“ターゲットイヤー”として位置づけ、日本社会を元気にするための取組を“夢ビジョン”として打ち出し、社会総がかりで実現していく

というもの。これを受けて文部科学省では中堅・若手職員が中心となってアイデアを公募したり若手アスリートやアーティスト、研究者らとの対話をもとに「夢ビジョン」をとりまとめ、2014年1月に「夢ビジョン2020(文部科学省版)」を発表しました。

週休3日

この中でオリンピックを核として打ち出した行動指針は「オリンピックの感動に触れる。私が変わる。社会が変わる。」

オリンピックイヤーというだけでなく、社会全体の成長の為の“ターゲットイヤー”にすべく、具体的に何を目指すか?何を変えていくのか?という点では3つの柱を提案。

1.オリンピック・パラリンピック東京大会2020を、最も印象に残る大会に
2.誰でも・いつでも・どこでもエクササイズ(スポーツ・パラダイス)
3.日本発の新たなライフスタイル、社会モデルを確立・発信

上記のうち1、2に関しては、若年層の重点育成・世界水準のトレーニング施設の設置をしてメダル最多獲得を目指したり、ショッピングモールなどにスポーツスポットを併設するなどで実現していくという内容に。

そして「週休3日」が出てくるのは 3の案。“週休3日制を導入し、生活をイノベーション” というもので、要約すると 仕事の日はしっかり働き、休みの日はしっかり休むという事。

労働基準法では現在、週休2日・1日8時間労働で「1週間40時間」と決まっていますが、週休3日を実現するために 1日10時間労働×4日として 1週間40時間労働 はそのままにする…などの方法が考えられます。

この案に対しては「夢のよう」「給料下がってもいいから実現してほしい」「サービス残業増えるだけ」「絶対無理だろ」など様々な意見があるようですが、“土曜日は半ドン”が通常だった時代から週休2日制が当たり前となった現在。もしかしたら2020年に向け、本当にこのような動きへとシフトしていくかもしれません。

via.夢ビジョン2020/文部科学省

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 生活・ライフハック 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ