ラインスタンプ

2018年08月31日 mimi/更新:2018.08.31

究極の納豆をマシーンで作る「究極のNTO」倍速ギアで424回かき混ぜダァッ!

 シェアする

納豆は、かき混ぜるほどに美味しくなる。そんな教えをもとに「納豆を究極に美味しく食す方法」を手軽に再現できるマシーン「究極のNTO(ナットー)」が11月に登場する。

究極の納豆をマシーンで作る「究極のNTO」倍速ギアで424回かき混ぜだ!

究極のNTOは、タカラトミーアーツが販売し大ヒットしていた納豆のコク製造マシン「魯山人納豆鉢」をリニューアルしたもの。

究極の納豆をマシーンで作る「究極のNTO」

「魯山人納豆鉢」は、食通としても知られる芸術家「北大路魯山人」が提唱した“納豆を究極に美味しく食す方法”を再現したもの。

納豆が最も美味しくなるかき混ぜ数は424回

納豆が最も美味しくなるかき混ぜ数を検証し、424回という回数も設定した。

sponserd link
ad1

醤油を入れるベストなタイミングも教えてくれる、究極のNTO

リニューアルした「究極のNTO」では、424回のかき混ぜも短時間で実現できる「究極モード」と「無限大モード」を用意。

究極モードでは1分半で424回かきまぜることが出来る。

究極のNTO、最適な醤油のタイミングで扉が開く
醤油を入れるベストなタイミングで、パカッと扉が開く

進行状況は本体にある案内窓で確認でき、また、醤油をいれるベストなタイミング(305回)や完成のタイミングには、自動で本体の蓋が開く仕組みになっています。

424回かきまぜる!究極に美味しい納豆の作り方

実際に使用している様子は、以下の動画より。


ちなみに、424回まぜて完成した納豆の美味しさがUPするのは科学的にも実証されており、大豆のコク(濃厚感)が強くなり、醤油もよく絡んでまろやかな味になるという。

究極のNTO 通販

究極のNTO」の発売は2018年11月22日(予定)で通販などでも予約受付中。価格は2800円(税別)。


あわせて読みたい


edit 『 ライフ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

ページ上部へ