ラインスタンプ

2018年04月25日 うめっち/更新:2018.05.15

トリッキーなお茶パフォーマンス!四川豆花の茶芸師(ティーマスター)

 シェアする

表情ひとつ変えずテーブルに近づき、細長い首の急須を使ってトリッキーなお湯の継ぎ足しサービスをしてくれる、茶芸師(ティーマスター)!

トリッキーなお茶パフォーマンス!シンガポール四川豆花の茶芸師

この茶芸師(ティーマスター)は、シンガポール中心部のオフィスが点在するビーチロード沿いにあるホテル「パークロイヤルビーチロード(PARKROYAL on Beach Road)」ロビー階(1階)にある、

四川・広東料理レストラン「四川豆花飯荘(シーチャントウファ)」で出会ったもの。本場の味を楽しめるレストランなのですが、この店で一番印象に残ったのが、このティーマスターのお茶サービス!

sponserd link
ad1

何度でも継ぎ足してくれるティーマスター、八宝茶はお口直しに

ティーマスター(茶芸師)と呼ばれる、お茶サービス専門の方の様子をまずは以下の動画でご覧ください。

Youtubeチャンネル


JTBのオプショナルツアーに含まれていたランチで、こちらのレストランにお邪魔した時のこと。

お食事が始まってしばらくすると、鮮やかな黄色の制服を着たティーマスターがスッとテーブル脇へやってきて、湯呑にお湯を注いでくれたのですが、その時に取り出したのが、注ぎ口が細く長ーい急須!

ちょっとした曲芸のよう。長い注ぎ口からは、ビームのようにお湯が一直線へと湯呑めがめて飛んでいきます。なんとも、見事な注ぎっぷり。

これは「八宝茶」とよばれ、中国で愛飲されているお茶。

シンガポール四川豆花 八宝茶

湯呑の中には百合根・ジャスミン・菊花などが入っており、お湯が注がれるとしばらく蒸して味を出し、フタを少しずらして中身がでないようにしながらいただきます。

ジャスミン系のさっぱりとしたお茶。中には氷砂糖も入っていたようで、少しずつ溶けていきます。

ティーマスターがあんなにも首の長い急須を使うのは、円卓を囲んで座るお客の間に入りづらいからか?とも思いましたが、遠くからお湯を注ぐと勢いよくお湯が回るので、味が出やすい…という理由もあるのかもしれません。

シンガポール四川豆花 八宝茶にお湯を注ぐティーマスター(茶芸師)

シンガポール四川豆花 八宝茶にお湯を注ぐティーマスター(茶芸師)2

ちなみに、筆者のテーブルにやってきたティーマスターが注ぐときは、派手な動きはなかったのですが、ティーマスターによっては、以下のように魅せてくれる方もいるようです。

八宝茶にお湯を注ぐティーマスター(茶芸師)イメージ
超絶パフォーマンス! /JTBパンフレットより

こんな感じに注いでもらえたら、普通のお茶もちょっとテンションが上がりますね(笑)

四川豆花飯荘(シーチャントウファ)はシンガポールだけでなく、東京・新丸の内ビル6Fにもお店あり。ホームページによると、東京にもティーマスターも居るとのこと。


あわせて読みたい


edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ