ラインスタンプ

沖縄・ブセナ海中公園でグラスボートを楽しむ!綺麗な海と魚に癒される20分間

 シェアする

2018年04月25日 17:40 記事/mimi

連休や夏休みのお出掛けに人気の沖縄。美ら海水族館青い海と白い砂浜日本一早く咲く桜タコライスアグーのしゃぶしゃぶなどの沖縄グルメなどなど、楽しみは色々ありますが、

沖縄で気軽にできる体験観光としてオススメなのが、グラスボート!

沖縄・ブセナ海中公園でグラスボートを楽しむ!綺麗な海と魚に癒される20分間

グラスボートとは、船底がガラスになっていて、海底観察ができる観光ボートのこと。

グラスボートとは

青い海に繰り出して、海底に泳ぐ南国の魚たちやサンゴを間近にみることができ、水着を着なくても海の中の世界をのぞき見ることができます。

sponserd link
ad1

クジラ型のグラスボートで行く!沖縄 ブセナ海中公園

沖縄にはグラスボートを楽しめる場所が何カ所かありますが、今回は「ブセナ海中公園」で楽しめるグラスボート(ブセナ海中公園では「グラス底ボート」と呼ぶ)をご紹介。

ブセナ海中公園は、沖縄県名護市の部瀬名岬(ぶせなみさき)の一帯に整備された公園。その敷地のほぼ中央にはリゾートホテルの「ザ・ブセナテラス」があります。

ブセナテラス

このあたりには熱帯魚が生息しているため、クジラ型のグラス底ボートで海中を楽しむことができます。まずは受付でチケットを購入。

ブセナ海中公園でグラスボード体験

購入したら、赤いトロッコのような可愛らしい無料のシャトルバスに乗って、桟橋まで向かいます。ちなみに、チケット売り場から桟橋までは、徒歩でも行ける距離なので、バスを逃したら海岸沿いを歩いて移動すればOK!

ブセナ海中公園の赤いシャトルバス

桟橋に到着!

ブセナ海中公園 グラスボートの桟橋

私達を海に連れて行ってくれるのは…

ブセナ海中公園でグラスボート

クジラ型のグラスボート(グラス底ボート)!桟橋でチケットを渡して、いよいよボートに乗り込みます。その様子は以下の動画から。


スキューバーダイビングの資格がなくても、水着を着なくても、グラスボートなら手軽に海底にもぐったような景色を楽しめるため、年齢性別に関係なくオススメです。

ちなみに、ブセナ海中公園ではグラスボートに乗らなくても海の中を見られるスポットがあります。

歩いて海底へ。ブセナ海中公園の海中展望塔

ブセナ海中公園には、グラスボート乗り場のすぐ近くに、海中展望塔があります。

ブセナ海中公園の海中展望塔

海中展望塔は、岬の一番端から、さらに沖へと橋をのばして造られた、海中に降りていける展望塔。

海中展望塔、ブセナ海中公園で

小さな展望塔の中には360度ぐるりと見渡すことのできる24面の小窓があり、そこから海底の様子を眺めることができます。筆者は、こちらにも入った事がありますが、断然グラスボートのほうがオススメ。

海中展望塔は、360度たのしめるように小窓が作られていますが、その場所から動くことができないので、海が荒れていたら海水が濁って何も見えません。

また、タイミング悪く近くに魚が泳いでいなければ、ただの海底を眺めるだけになってしまう可能性も。ボートや船が苦手、という方には向いているかもしれません。

沖縄 ブセナ海中公園でグラスボートがおすすめ

グラスボートでは、解説付きで海底を案内してもらえ、いろんな種類の魚たちにも出会える可能性が広がります。ぜひ、グラスボートに乗ってみてくださいね。

名称 ブセナ海中公園 グラス底ボート
住所 沖縄県名護市字喜瀬1744-1
営業 9時~19時(※終了時間は季節によって異なる)
時間 4月~10月 / 毎時 10分、30分、50分(12時台のみ10分・50分)
11月~3月 / 毎時 10分、30分、50分(16時台のみ10分・30分)
問合せ 0980-52-3379
料金 大人1540円、高大生1230園、4歳~中学生770円
備考 沖縄県のグルメ&観光スポット

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

ad2


あわせて読みたい


edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ