ラインスタンプ

2011年02月14日 mimi/更新:2019.01.14

沖縄の桜・濃いピンクの寒緋桜(カンヒザクラ)が見ごろ、春を告げる八重岳のサクラ

 シェアする

2月の沖縄では、今まさに桜が見ごろ!八重岳や那覇市などで桜が綺麗に花開き、満開になっています。

沖縄の桜 開花

ソメイヨシノとはまた違った魅力のある、沖縄の濃いピンク色が特徴的なこの桜は、緋寒桜(ヒカンザクラ)と呼ばれる品種。 別名:寒緋桜(カンヒザクラ)とも呼ばれています。

沖縄の桜前線は不思議と、北部地域から南下していく、という特徴があります。沖縄県の北と南では、桜の開花時期がおよそ1ヶ月ズレる場合もあるため、長く桜を楽しめるのだそう。

名護など沖縄県北部では例年、2月初旬が見ごろ。そのため、八重岳では1月末から一足早く、桜祭りが開催されていました。筆者が訪れたのは、2月初旬でしたが、まだ八重岳では綺麗な桜を楽しめましたよ。

sponserd link

沖縄県北部・八重岳の桜の様子

ソメイヨシノの場合、花が散るときはヒラヒラと花びらが舞う姿が美しいですが、寒緋桜(カンヒザクラ)の場合は少し違って、散るときには “ボテッ” と花ごと落ちます。

沖縄の桜・濃いピンクの寒緋桜(カンヒザクラ)が見ごろ、春を告げる八重岳のサクラ

見た目が鮮やかなピンク色という違いもあり、ソメイヨシノとはちょっと雰囲気の異なる桜を楽しめます。(※写真は2011年の様子)

沖縄 桜祭り 開花1

沖縄の桜 開花情報 2011

沖縄の桜 ヒカンザクラ 桜祭り

鮮やかなピンクで、綺麗ですね!以下の動画は、沖縄の桜の様子。


沖縄で開催される桜祭りには、

  • 本部八重岳桜まつり
  • 名護さくら祭り
  • 今帰仁城跡の桜花見
  • 那覇さくらまつり(与儀公園)
  • やえせ桜祭り
  • 久米島桜まつり

などがありますが、桜祭りに指定されている期間の後でも、まだ桜を楽しむことが出来る年が多いため、ぜひ足を運んでみてください。

日本で一番早い桜祭りが長く楽しめる沖縄県、その暖かさと桜前線が本州にも早く上昇してきて欲しいですね。



あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ