ラインスタンプ

2019年10月08日 mimi/更新:2019.10.08

ジャムズカフェ、周防大島「瀬戸内ジャムズガーデン」併設カフェでブランチやスイーツを

 シェアする

柑橘の島・山口県の周防大島にある、手作りジャム専門店「瀬戸内ジャムズガーデン」。

ジャムズカフェ、周防大島「瀬戸内ジャムズガーデン」併設カフェでブランチやスイーツを
ジャムズカフェ

島でとれる果物などで四季折々・100種類以上のジャムを販売されています。このジャム工房の敷地には、ジャムを販売しているショップのほかに

ジャムズカフェ、周防大島のジャムカフェ

併設されたギャラリー&カフェ「ジャムズカフェ」があり、ジャムを使った様々な軽食やスイーツを楽しめます。

sponserd link

ウッド調の建物が可愛い、ジャムズカフェ

ジャムズカフェの店内は、土足厳禁。扉を開けると特に段差もないため分かりづらいですが、入口で靴を脱ぎ、入口の横に設置されている靴箱に入れてから入店します。

店内は吹き抜けの2階建て。カウンター席のほか、

山口県 ジャムズカフェの店内

2人掛けや4人掛けのテーブル席、お庭のテラス席などがあります。

周防大島 ジャムズカフェの店内

階段で2階に上がるとギャラリーがあり、そこに置かれた席でも食事をすることが出来るとのこと。

ジャムズカフェ、お水はセルフサービス

なお、お水はセルフサービスとなっています。

ジャムズカフェ、12時までの来店でお得なメニューも

ジャムズカフェの自慢メニューは「ジャムトースト」。厚切りトーストにたっぷり塗られたジャムを、シンプルに味わえます。

ジャムズカフェ、お店自慢のジャムトースト

パンは周防大島のパン屋さん「ワンハート」のパンを使用。

ジャムトーストセットには、その日ごとに変わる3種類のジャムとプチヨーグルト・ドリンクがセットになっています。この日は、柑橘とシナモン、ブルーベリーとチョコレート、そしてトマトのジャム。12時までの注文なら、セットで460円。

なお、12時以降はドリンク代が別になるため、お昼までの来店がお得。ジャムトーストに限らず、他の一部のメニューも12時まではドリンクがサービスになっているものがあります。

その他、軽食にはピザやスコーン、バケットセットなどがあり。

ジャムズカフェのスイーツ、いちじくパフェ

また、その季節ごとに限定メニューのスイーツも登場。この時は、旬のイチジクを使ったパフェやイチジクシナモントーストなどがメニューに加わっていました。

瀬戸内ジャムズガーデンで、他では見ない珍しいジャムを楽しんでみよう!

瀬戸内ジャムズガーデンでは、数多くのジャムが季節ごとに並んでいます。秋なら、イチジクやカボチャ、ブルーベリーのホワイトショコラ、ぶどうジャム、金時芋のジャム、栗のジャムなど

パンに塗るだけでなく、食べ方のバリエーションも広がりそうなラインナップがいろいろ。

瀬戸内ジャムズガーデン、山口県周防大島の店舗
ジャムを販売するショップ

周防大島で、出会ったことのないジャムの世界を楽しんでみては。

名前 ジャムズカフェ(瀬戸内ジャムズガーデン)
住所 山口県大島郡周防大島町日前331-8
時間 10時~17時30分
営業 3月~11月の土日祝と、夏休み(7月20日頃~8月31日)
店休日 水・木(木曜はジャム販売のみ営業)
問合せ 0820-73-0002
周辺 山口県のグルメ&お出掛け&コネタ

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ