ラインスタンプ

2020年01月12日 うめっち/更新:2020.01.12

さんすて岡山、大規模リニューアル!まずは食・土産のエリアから

 シェアする

岡山駅構内にある商業施設、さんすて岡山(サンステーションテラス岡山)が3期にわたる大規模リニューアルを実施中。

さんすて岡山 大規模リニューアル、まずは食・土産のエリアから

このうちの第一弾として「さんすて岡山南館」の食・お土産のエリアを拡大、新たに51店舗を2020年3月13日からオープンさせると発表しました。

さんすて岡山のリニューアル第一弾は、お土産やデリカ・スイーツ、レストラン・カフェなど “食” にかかわるゾーン。

sponserd link

さんすて岡山 リニューアル第一弾!内容と完成イメージ

1階は駅を日常的に利用する人がメインターゲット。来店前にスマホで注文&お支払を済ませられる最新システムを導入した「マクドナルド」や、中四国初出店の一人焼肉店「焼肉ライク」も登場します。

また、これまで営業してきた「ユアーズ」に加え、「マツモトキヨシ」が出店するなどデイリーユーズに対応するゾーンへ。

2階は観光・ビジネス客をメインターゲットとし、県下最大級のお土産売り場を展開。その面積はリニューアル前の約4倍になるとのこと。

さんすて岡山 リニューアルイメージ図

飲食店は「吾妻寿司」「麺屋匠」「讃岐の男うどん」や、さんすて岡山で人気の「米屋のにぎりめし山田村」が新たに開発した「山田村謹製しゅむいなり」などの地元店が顔を揃え、岡山らしさを感じられるエリアに。

このほか、東京で人気の「ソバキチ」「築地食堂 源ちゃん」や、博多で有名な「博多もつ鍋おおやま」など、中四国初出店の飲食店もあり。イートインだけでなくお弁当やサンドイッチといったテイクアウト店も強化する。

52店舗が出店するさんすて南館(第一期エリア)は、2020年3月13日オープン。

なお、第二期エリア(デリカ・スイーツゾーン)もリニューアルに向けて、2020年2月中旬~3月中旬にかけて一部店舗が休業し、4月下旬頃から段階的にリニューアルオープンを行う予定となっている。

新しくなる「さんすて岡山」に注目が集まります。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ