ラインスタンプ

2021年04月18日 Mika Itoh/更新:2021.04.19

瀬戸大橋を正面に眺めるビーチに「せとうちグランピング」グランドオープン

 シェアする LINEで送る

瀬戸大橋や瀬戸内海の島々を正面に臨むロケーションを生かした「自然」や「貸切」をテーマにしたグランピング施設「 SETOUCHI GLAMPING(せとうちグランピング)」が、

鷲羽山の麓に建つ鷲羽山下電ホテル(岡山県倉敷市)の敷地内ビーチに2021年4月28日にプレオープン、7月にグランドオープンとなります。

瀬戸大橋を正面に眺めるビーチで「せとうちグランピング」アクティビティ体験も

せとうちグランピングは、2020年9月25日から期間限定で実証実験をスタートしドームテント2基を設置。瀬戸大橋と瀬戸内の多島美を目前に望む抜群のロケーションで気軽にアウトドアを楽しめる内容で、

新型コロナウイルス感染拡大後における社会情勢の変化をふまえ、新しい観光スタイルを導入・展開していくための実証実験がわれました。

せとうちグランピング ドームテントの写真
上記は実証実験時の写真、グランドオープン時は一部デザインが異なる

グランドオープンは2021年7月の予定となっていますが、まずは実証実験時と同じドームテント2基で利用者を迎える準備が整ったとして、4月28日よりプレオープン。グランドオープン時はドームテントが5基になる予定。

せとうちグランピングは、鷲羽山下電ホテルの敷地内 「凪エリア」に設置。

ドームテントに宿泊した場合でも、ホテルの大浴場やトイレなどの充実した設備を利用することが可能。利用予約は鷲羽山下電ホテル公式HPや主な旅行会社で順次販売予定となっています。

sponserd link
ページ上部へ