いろり山賊、山口の名物レストランはお祭り装飾で煌びやか!

 シェアする

2017年05月06日 07:55 記事/mimi

山口県岩国市玖珂町の山深い場所に、キラキラと眩しい明かりが見えてくる。テーマパークのように楽しそうなこの場所は、いろり山賊。山口県の名物レストランです。

いろり山賊、山口の名物レストランはお祭り装飾で煌びやか!

撮影日は5月2日。子供の日が目前ということで、鯉のぼりがたくさん吊るしてありました。

山口の鯉のぼりといえば、全国的に珍しいこちらの風景も

いろり山賊、鯉のぼりがたくさん

山賊では「子供の日」を過ぎても、この鯉のぼり装飾はしばらく、夏ごろまで続きます。そして夏が来ると、今度は七夕装飾に様変わり。いつ来ても「いろり山賊」はこんなお祭り状態なのです。

sponserd link
ad1

動画で見る、いろり山賊

以下の動画は、鯉のぼり装飾で彩られた「いろり山賊」の様子。


夜になると、通常ならすっぽりと闇に包まれるエリアなのですが、いろり山賊はとにかく明るい。初めて訪れる人なら「今日は何かの祭りの日?!」と感じるほど、ワクワクする派手さと賑やかな装飾で出迎えてくれます。

いろり山賊、毎日がお祭り騒ぎ

お城のような建物には、子供の日を祝った兜の大きな看板も。

いろり山賊、お城のような建物

道路を隔てて向かい側にある駐車場にも「祭」の提灯が。

いろり山賊、駐車場がお祭り状態

この小さな建物の小さな窓口で注文を済ませると、名前を聞かれます。

いろり山賊で注文

入り口からは、さほど大きなお店には見えないのですが、注文を済ませて奥に進むと自然に囲まれた広い空間がそのまま店内になっています。

毎日がお祭り状態!いろり山賊、冬には屋外にコタツも登場

いろり山賊では、注文後に自分で好きな場所(席)を自由に選ぶことが出来るため、お料理が出来上がるとスタッフの方は大きな声で「〇〇様~~~~」と名前を呼んで客の場所を探します。客は「ハイッ!」と手を挙げて応えます。

いろり山賊、屋外に広い席が

屋内の席もありますが、メインとなる屋外の自然をたっぷりと感じられる席が人気。

いろり山賊、屋外の広い席

山の斜面や形状、川などをそのまま生かされ、敷地内を照らす沢山の提灯が優しい明かりで雰囲気を高めています。

いろり山賊、店内の様子

冬になると、この席はすべてコタツに変わります。寒い冬でも、コタツが登場することによって屋外の席がまた一味違った雰囲気になって楽しむことが出来ます。

注文するなら外せないのは「山賊焼き」と「山賊むすび」。

山賊むすびと、山賊焼き

甘辛のタレで味付けされた豪快な鶏肉が串に刺さって登場。また、山賊むすびはハンドボールくらいの大きさがあるでしょうか、いわゆる「爆弾おにぎり」が登場します。

いろり山賊、釜でご飯を炊く

もう、これだけでお腹がいっぱいになってしまうのですが、釜で炊いたゴハンのため、とても美味しい。

食事も雰囲気も、独特の世界観がある「いろり山賊」。昼間も営業していますが、夜はよりその雰囲気を堪能することが出来ます。山口県に訪れた際にはぜひ。

名称 いろり山賊 玖珂店
住所 山口県岩国市玖珂町1380−1
時間 9:30~翌3:00(定休日の前日は24時閉店)
問合せ 0827-82-3115
備考 定休日は火曜日と12/30・31
近隣 周辺のおでかけ&グルメ情報

※内容は執筆時のもの。営業を確認してからお出かけ下さい。

ad2


あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ