ラインスタンプ

2014年06月17日 Mika Itoh/更新:2014.06.17

ルーズヴェルトゲームの沖原役・工藤阿須加は元西武の工藤投手の息子!

 シェアする LINEで送る

ここ最近のドラマの中で一番楽しみにしている、ルーズヴェルトゲーム。青島製作所の会社そして野球部の復活と逆転がテーマで、池井戸潤が原作の小説をドラマ化したもの。

何度となく襲い掛かってくるピンチに、会社も野球部も飲み込まれかけながら、それでも奮い立ち、乗り越え、どんどん絆と力を増していくドラマ展開はとても面白い。

ルーズヴェルトゲームの沖原役・工藤阿須加は元西武の工藤投手の息子!
photo by ルーズヴェルトゲーム (原作)

いよいよ最終回を迎えるルーズヴェルトゲーム。ドラマの中で野球部のキーマンとして登場しているのが、エースの沖原和也役をつとめる工藤阿須加くんです。

俳優の工藤阿須加(くどうあすか)はなんと、元プロ野球選手でピッチャーだった工藤公康さんの長男だそう!そう言われてみれば、目ヂカラがあるところなど確かにちょっと似ています。

とはいっても、コネでピッチャー役を勝ち取ったわけでは無く、ちゃんとオーディションに参加して、偶然父と同じピッチャー役を演じることになったのだとか。運命ですね!

sponserd link

野球経験はゼロだった、工藤阿須加

筆者は工藤阿須加さんのことを知ったのは、このルーズヴェルトゲームがキッカケだったのですが、実はNHK大河ドラマ『八重の桜』で八重の弟役として出演していたり、『ショムニ2013』にも出演していたのだとか。

俳優としての活動が2012年からなので、最初から大河ドラマ出演などノッている俳優さんのようです。また、ルーズヴェルトゲームでは重要な役どころのため、注目度はかなり高まったのでは。

このドラマをキッカケに彼のことを初めて知った!という人も、多いのではないでしょうか。

そんな工藤阿須加さんは、ドラマ「ルーズヴェルトゲーム」の放送開始後、西武ドームで行われ西武VSヤクルトの試合で、始球式を任されています。父が長年活躍していた西武ライオンズの背番号を背負い、緊張の面持ちでマウンドに立ちました。


学生時代はテニス部所属で、プロを目指すほどのレベルだったようですが、野球経験はゼロ。そんな彼なので、キャッチャーから離れたところに投げてしまいましたが、投球フォームは綺麗ですね。ドラマの役どころもあるため、父・工藤公康さんにアドバイスを貰っていたのかもしれません。

ルーズヴェルトゲームはいよいよ次回が最終回。会社も野球部も、どんな大逆転を見せてくれるのか?楽しみです。

▼『ルーズヴェルト・ゲーム』第8話ダイジェスト&最終回予告


※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ