ラインスタンプ

2020年03月03日 うめっち/更新:2020.03.03

イオンが被災地応援「幸せの黄色いレシート」キャンペーン、東北・熊本・広島・岡山・愛媛へ

 シェアする

イオン株式会社が今年も東北を応援する「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」を実施します。

イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン、東北・熊本・広島・岡山・愛媛応援も
※イオン公式youtubeより

イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーンとは、毎月11日の「イオン・デー」に実施している活動で、お客に渡す “黄色いレシート” を、応援したいと思うボランティア団体の名称・活動内容が書かれた箱に投函すると、

レシート合計金額の1%相当の品物がイオンより各団体に贈呈されるキャンペーンで、2001年から実施。

東日本大震災のあった2011年3月以降は東北復興支援活動の一環として、3月のキャンペーン期間を3日間に拡大。この期間中に投函されたレシートの合計金額の1%が被災したこどもたちの暮らし・学びを応援する岩手・宮城・福島3県の育英基金に寄付されています。

ちなみにこれまでにこのキャンペーンを通じて被災地に贈られた寄付金額は累計約10億1381万円にもなるという。

2020年は3月9日~11日までの3日間、全国のイオングループ約2100店舗にて「幸せの黄色いレシートキャンペーン」が実施されます。


また、年を追うごとに自然災害の被災地が増えていることから、岩手・宮城・福島の東北3県に加えて

  • 九州地区の約250店舗では、平成28年熊本地震の被災地「熊本県」
  • 中四国地区の約420店舗では、平成30年7月豪雨の被災地「広島・岡山・愛媛」

と、支援先が追加され、キャンペーンが行われます。

sponserd link
ページ上部へ