ラインスタンプ

2021年11月01日 伊藤 みさ/更新:2021.11.01

カルディ「ぬって焼いたらカレーパン」カリカリが食欲そそる人気商品

 シェアする LINEで送る

SNSなどで火が付き、一時は入手困難となっていたというカルディの人気商品
「ぬって焼いたらカレーパン」。

カルディ「ぬって焼いたらカレーパン」カリカリが食欲そそる人気商品

その名の通り、食パンに塗って焼けばみんな大好きカレーパンができる!という代物です。

カルディ「ぬって焼いたらカレーパン」 中身
冷やすと塗りにくくなるので、開封後は冷蔵庫で保存しても少し常温に戻してから塗るとイイヨ

ブームを知らなかったカレーパン好きな筆者、店頭でお一人様2個までと個数制限がかかっていたのを見て興味を持ち購入。実際に塗って焼いてみたら、

カルディ「ぬって焼いたらカレーパン」ビフォー
これが・・

カルディ「ぬって焼いたらカレーパン」アフター
こう!

カレーパンの外側(パン粉)がカリッっとしている食感が再現され、優しいカレーの味。「スパイシー」とか「辛い」という感じではないので、大人からこどもまで楽しめそう。

パンに塗っている時の感触はシャリシャリとしていて “シュガーマーガリンみたいだなぁ。カレーパンっぽくない” と思っていたのですが、そのシャリシャリがトーストするとカリカリに変身。

カルディ「ぬって焼いたらカレーパン」アフター2
よくよく見ると、「乾燥マッシュポテト」だろうか?カリカリになっている

人参やフライドオニオンらしきツブツブも入っており、カレーパンが優しく再現されました。

原材料を見ると、乾燥マッシュポテトやカレーシーズニング、トマトパウダーなども入っているよう。食パンが手軽に変身する「ぬって焼いたらカレーパン」。甘いシーズニング(塗りもの)ばかりで変化が欲しくなった時にも、いいかも。

“これだけではボリュームが物足りない” という声もあるので、焼いたあとに茹で卵スライスやチーズをのせたりしてアレンジするとよさそうです。

購入は、店頭やカルディオンラインストアにて。

sponserd link
ページ上部へ