公開:2023年04月06日 伊藤 みさ/更新:2023.04.06

鳥羽周作シェフ監修「スパめし」発売、米+パスタの意外な出会い

 シェアする LINEで送る

そばめし(そば+ごはん)ならぬ、スパゲッティー+ごはんの
スパめしが2023年4月4日より全国のミニストップ店舗にて発売されています。

鳥羽周作シェフ監修「スパめし」発売、米+パスタの意外な出会い

このスパめし、鳥羽周作シェフによる監修。

鳥羽周作氏といえばミシュランガイド東京2020から4年連続の一つ星★を獲得しているレストラン「sio」のシェフ、というだけでなく、料理動画・SNSなどで人気。

家庭でもできる料理の目から鱗なコツも教えてくれると話題で、シェフの愛されキャラクターも相まって注目されています。

そんな鳥羽周作シェフ監修の洋風おにぎりが「スパめしナポリタン」「スパめしカルボナーラ」の2種類。

意外な組み合わせなのに違和感なし!スパめしおにぎり

ミニストップ 鳥羽周作監修のスパめし 画像1

ナポリタンのほうには細めのパスタが、カルボナーラのほうにはシェルマカロニだろうか?それぞれ形の違う麺が入っていて、ごはんと共に味付けがされています。

ミニストップ 鳥羽周作監修のスパめし 画像2
包みをあけるとくずれそうなくらい柔らかな握り具合

どちらも「ガッツリ味」というよりやさしさを感じる味で、ごはんとパスタなんて珍しい組み合わせなのに全く違和感がない。個人的に「スパめしカルボナーラ」が好きでした。

いずれも税込み129.60円(軽減税率8%の場合。単品で購入した場合税込み価格の少数点以下は切り捨て)

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

 シェアする LINEで送る

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 グルメ・スイーツ 』の一覧

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ