ラインスタンプ

2019年01月24日 mimi/更新:2019.01.24

キャンドルグラスに溶け残ったロウを、綺麗に取る方法

 シェアする

アロマキャンドルは、いい香りが部屋に広がって癒されていいですよね、私もとても好きです。キャンドルグラス(キャンドルホルダー)に入れて火を灯すと、見た目も綺麗なんですが、

キャンドルグラスに溶け残ったロウを、綺麗に取る方法

終わった後のお手入れが、結構面倒なんですよね。

キャンドルグラスに溶け残ったロウを、綺麗に取る方法

こんな感じに、底のほうにビッシリと溶けたロウが、キャンドルグラスについてしまう。これをスプーンや割り箸などで削ってお手入れされていた方も多いよう。

底の深いキャンドルホルダーの場合、ロウを削って綺麗にするのは結構大変な作業ですが、そんな時、ロウを簡単に取り除く方法があります。

sponserd link
ad1

ロウソクの性質を生かして、ササッと簡単にお手入れできる

ロウソクは、火をつけると燃え、液状に変わります。この性質を生かして、キャンドルグラスに残ったロウを取り除けます。

ロウの融点は60度以上と言われていますので、60度以上に熱しておいたお湯を、キャンドルグラスにそそぎ入れます。

キャンドルグラスに残ったロウを取る。お湯をそそぎます

すると、ロウが溶け出してきます。

キャンドルグラスに残ったロウを取る。ロウが浮いてきました

割り箸などでツンツンしてやると、あっという間に溶けてロウが液状になります。

溶けたロウソクは、水より比重が軽いため、水面に浮かんできます。キャンドルグラスに付いていたすべてロウが溶けたら、今度はお湯の温度が下がるまで少し待ちます。

キャンドルグラスに残ったロウを取る。ロウが固まってきます。

溶けたときのロウは透明の液状ですが、お湯の温度が下がってくると、水面で少しずつ固まってきます。ある程度、固まってきたらロウを取り除くことは簡単!

固まったロウを取り除いたら、最後にキャンドルグラス(キャンドルホルダー)を洗剤を使って軽く磨き、お湯で洗い流せばピカピカです。

キャンドルグラスに残ったロウを取る。ピッカピカに!

お湯で溶かすこの方法を使えば、手がヌルヌルになることも無く、短時間で簡単に綺麗になりますので、是非お試しを。


あわせて読みたい


edit 『 ライフ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ