ラインスタンプ

2019年02月10日 mimi/更新:2019.02.11

鵜戸神宮、運玉投げで運だめし!宮崎・日南のパワースポット

 シェアする

宮崎県日南市で最も有名な神社、鵜戸神宮(うどじんぐう)。ここは、鵜戸崎岬の海岸沿いを走った先の、絶壁の下にある洞窟の中に本殿が鎮座しているという、ちょっと珍しい神社なのです。

鵜戸神宮、運玉投げで運だめし!宮崎・日南のパワースポット

日南で春季キャンプを行っている広島カープも、毎年ここに必勝祈願にやってきます。また、亀石の枡形に運玉を投げ入れ運を占う「運玉投げ」も人気があります。

鵜戸神宮で亀石の枡形に運玉を投げ入れる「運玉投げ」

鵜戸神宮は、周りの景色も素晴らしい。水平線がみえる青い海と、海岸にはゴツゴツとした岩場、その先に見えてくる朱塗りの色鮮やかな神社! 南国の風景の中に現れる神社がとても映えます。

sponserd link
ad1

鵜戸神宮へは、国道220号線の鳥居入口から海岸線を走る

国道220号線を車で走って鵜戸神宮に向かっていると、以下のような鳥居が見えてきます。これが鵜戸神宮への入口。

鵜戸神宮へは、国道220号線の鳥居入口から海岸線を走る

ここから鳥居をくぐって海岸線沿いに走るのですが、ここからが意外と長い!しかも、鳥居から先は急に離合が難しい細道になり、この細道がなんと1.8kmも続きます!

鵜戸神宮、海岸線は道が細い

神社のそばにある駐車場まで、約2kmの道のりを対向車に注意しながら走って行きます。道は細いものの、景色は絶景!

また道中には、自然が作りだした不思議な模様の鵜戸千畳敷奇岩もあり。

鵜戸神宮の駐車場に到着

しばらく走ると、鵜戸神宮の駐車場が見えてきました。

動画で見る、鵜戸神宮

以下の動画は、鵜戸神宮の第1駐車場前にある鳥居から歩いて本殿まで向かい、運玉投げを行うところまでの様子。


鵜戸神宮の神使は「うさぎ」

鵜戸神宮の神使は、うさぎ。そのため、鵜戸神宮には至る所にウサギが描かれていたり、モチーフになっています。

鵜戸神宮、絵馬にもウサギが
絵馬にも、うさぎ

神使(しんし)とは、人間に神意を知らせるために存在する、神様に最も近い神の使いの動物のこと。それが鵜戸神宮では「うさぎ」なのですが、

鵜戸神宮の神使は「うさぎ」

稲荷神社では「キツネ」、天満宮では「牛」が神の使い・神使となっています。神社によってはその他にも鳥類・爬虫類、想像上の生物まで、とても幅広いんですね。

鵜戸神宮の撫でうさぎ
撫でられすぎて剥げてきた「撫でうさぎ」

鵜戸神宮、うさぎのお守りや御朱印帳も

鵜戸神宮では、ウサギがお守りや御朱印帳のモチーフにもなっています。

鵜戸神宮のご利益

鵜戸神宮では、縁結び・安産・育児・海上安全などにご利益があると言われています。なかでも、縁結びや安産祈願などが有名のようで、

鵜戸神宮の楼門

日南商工会の案内によると、宮崎では大正の初め頃まで “結婚すると必ず鵜戸神宮へお参りをする” という風習があったと言われています。

鵜戸神宮のご利益、安産祈願

鵜戸神宮で3月に毎年行っているイベント「シャンシャン馬」では、花嫁を馬にのせて花婿が手綱をとって、鵜戸神宮へ向うお宮参りの風習を今に再現しているんだそうですよ。

鵜戸神宮の、お乳岩と「おちちあめ」

鵜戸神宮が安産や育児の信仰を集めている理由が、お乳岩(おちちいわ)の存在。

鵜戸神宮の、お乳岩と「おちちあめ」

お乳岩は、豊玉姫(トヨタマヒメ)が子供の健やかな成長を願って、両乳房をご神窟にくっつけたとされる伝説のある岩。

このお乳岩から滴り落ちる水でつくった「おちちあめ」を母乳がわりに御主祭神が育ったと言われています。いまでも滴り落ちている石清水があり、「おちちあめ」が販売されています。

絶壁を階段で下って、いよいよ鵜戸神宮の本殿へ

鵜戸神宮の第1駐車場から本殿までの約300mの道のりを歩いていくと、絶壁を海岸そばまで降りていく階段があり、

絶壁を階段で下って、いよいよ鵜戸神宮の本殿へ

絶壁の下に鵜戸神宮の本殿がある

そこから続いている洞窟内に本殿があります。

鵜戸神宮の本殿は洞窟の中に

鵜戸神宮、洞窟の中に本殿

鵜戸神宮の本殿が鎮座している洞窟の中は、本殿裏側までぐるりと1周することができ、その道中に「撫でうさぎ」や「お乳岩」などがあります。

鵜戸神宮で、運玉投げ!

本殿がある洞窟の入口で、お守りなどが売られているのですが、

鵜戸神宮の洞窟の入口で、運玉をゲット

その一角に「運玉」が5つセット100円で販売されています。

鵜戸神宮で、運玉ゲット

運玉投げにチャレンジする場合は、ここで初穂料100円を納めて運玉をゲットします。運玉投げのルールは以下の通り。

  • 運玉を亀石(枡形岩)の枡に入ったり、しめ縄の内側に当たれば願い事が叶う
  • 男性は左手で運玉を投げる
  • 女性は右手で運玉を投げる

狙うは、しめ縄のある亀石の枡形!

鵜戸神宮の亀石
それにしても凄い眺めだ

鵜戸神宮の亀石の枡を狙う
水が溜まっている部分が亀石の枡。結構入っている!

鵜戸神宮の亀石に投げ入れる運玉
準備はいいか、チャンスは5回だ

運玉を1つずつ、願いを込めて亀石へ!

鵜戸神宮の運玉投げに挑戦
とぅっ!

近そうに見えるのに、なかなか難しい…。筆者は岩に届きもしない運玉が4つもあり惨敗。つい、運玉の「おかわり」をしそうになりました。

鵜戸神宮の本殿と亀石

眺めているだけでもパワーを感じられそうな、美しい景勝地「鵜戸神宮」。宮崎にお出掛けするときは、ぜひ鵜戸神宮の運玉投げで、運を占ってみては。

名称 鵜戸神宮(うどじんぐう)
住所 宮崎県日南市大字宮浦3232番地
電話 0987-29-1001
駐車場 無料駐車場 完備(第1駐車場が一番近い)
関連 宮崎県のグルメ&おでかけスポット

※内容は執筆時のもの。確認してお出かけ下さい。


あわせて読みたい


edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ