ラインスタンプ

2020年06月30日 伊藤 みさ/更新:2020.06.30

100均 リメイクシートで壁紙DIY、折りジワ・浮きなど「悩みの種」解決方法

 シェアする LINEで送る

壁紙や家具のリフォームに手軽に使える100円ショップのリメイクシート!

DIY好きにはお馴染みのアイテムで、安価に部屋の印象を変えることができるので筆者も愛用者の一人なのですが、貼るとき・貼った後に頭を悩まされる事が。

100均 リメイクシートで壁紙DIY、悩みの種「折りジワ」「浮き」の解決方法

それが、「折りジワ」や「浮き」「空気が入る」といったところ。

たいていリメイクシートは細く折るか、丸めて包装して売られているのですがこの折りジワが、貼付けたあとにも影響して浮いてきたり、空気が入ったりしてピシっとキマらない。

折り目が付いていないリメイクシートでも、壁紙用のヘラ・ブラシを使っているのになんだか上手に貼れない…。

そんな悩みを解決してくれたのが、ドライヤーです。

sponserd link

リメイクシートの仕上げは、ドライヤーで温める!

今回は台所の頭上にある、戸棚の「戸」の部分に木目のリメイクシートを貼っていきます。

まずは、普通に貼ります。しばらくすると、あああ・・・出てきた、この折りジワの浮き。壁紙用のヘラ・ブラシを使ってもやっぱり出る時は出る。

100均リメイクシートの折りジワ 写真1

100均リメイクシートの折りジワ 写真2

ここで登場するのが、ドライヤー!

初めは「温風で弱」でやると良さそうですが、筆者は「温風の強」で2~3秒ずつ風をあてながらヘラ・ブラシで仕上げていきました。

シートの内側から外側へ向けて、中の空気を出すイメージ。

ドライヤーの温風をあてていると、これまで見えてなかった気泡?も膨張するのか、目に見えてきます。それも外に追いやるように仕上げていきます。

時間が経つとはがれてきやすい「角」は、特に入念に仕上げましょう。するとこんな感じになりました。

100均リメイクシートの折りジワ 解決1

100均リメイクシートの折りジワ 解決2

筆者はこの戸棚に、年に1度くらいリメイクシートを貼っては取り替えていたのですが、今回が一番綺麗に貼れたような気がします。

100均リメイクシートの折りジワ 解決3

風の強さや当てる時間は、ドライヤーの性能の差もあると思われますので、様子を見ながら判断してくださいね。

リメイクシートは材質的に熱にはそんなに強くないと思われるため、長く当てすぎて溶けたりしないよう、ご注意を。

これまで貼ったリメイクシートは、時が経つにつれて角からペロっと剥がれはじめ、何度ハケで貼りなおしてもべろーんと落ちてきていました。

今回の貼り方は、これまでの筆者がトライした中では一番綺麗に貼れましたが、最初は綺麗でも後々変化は起こってくるかもしれません。

100円のシートだから、限界はあると思いますが、安いからこそトライしやすいというメリットもあります。

筆者は “年に1度の模様替えだ” くらいの気持ちでやっていますが、それでも手間がかかる作業なので「毎年やりたくないよ…」という方は、もうちょっとお高めの専用商品でやる方が良いかもしれませんね。

【補足】貼る前から折りジワを少し解消しておくのも手

リメイクシートはダンボールを芯にして折りたたまれているので、ピシっと折り目が付いているわけではありませんが

それでも折りジワはかなり目立つ。貼る前からちょっとテンションが下がっちゃう方はあて布をしてアイロンをかける、というのも一つの方法。ある程度きれいになるので、貼りやすくはなります。

100均リメイクシートの折りジワ 解決にアイロンも

100均リメイクシートの折りジワ 解決にアイロンも2

ただし、やっぱり完璧に折りジワがなくなるということは筆者の場合はなかったので、結局貼ったあとに仕上げにドライヤーを使うのかな、という感じ。(なので個人的にはこの工程は飛ばしています)

また体感的には、リメイクシートが湿気を吸って貼る前からヨレ気味になることもあるので晴れた日か湿度が調整された状態で行うと良いような気がしますよ!

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 プチプラ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ