ラインスタンプ

2018年10月13日 うめっち/更新:2018.10.13

ファンケル、お肌が気になり出す世代別の化粧水・乳液が誕生

 シェアする

無添加化粧品・サプリメントなどでお馴染みのファンケル(FANCL)から、新スキンケアライン「モイストリファイン(さっぱり/しっとり)」「エンリッチ(さっぱり/しっとり)」の2種類が2018年9月に誕生しています。

ファンケル、お肌が気になり出す世代別の化粧水・乳液が誕生

夏の疲れやダメージを受け、乾燥も気になり始める秋冬にうれしい2種類の化粧水・乳液。

モイストリファインは乾燥や毛穴の開き、キメの乱れなどの複合的な肌の悩みをケアする20~30代向けスキンケア製品。

エンリッチはハリ・小ジワ・フェイスラインのたるみなど本格的なエイジングの悩みに着目した30~40代向けのスキンケア製品となっています。

なにもしなくてもピチピチなお肌でいられる10~20代前半を過ぎ、お化粧の仕方からスキンケアをいろいろと考えはじめる30代~が気になるポイントを押さえたラインナップ。

sponserd link
ad1

翌朝もしっとり、ツヤ感じる化粧水&乳液

開封は、無添加化粧品のファンケルならではの「密封容器の開け方」に沿って行います。鮮度を保ち、効果的なお手入れを行うために「フレッシュ期間」が設定されています。フレッシュ期間は開封から60日。

ファンケル 化粧水 乳液

ファンケル 化粧水 乳液の開け方

他社製品に比べて内容量が少なめなのは、「フレッシュなうちに使い切ってほしい」という想いの表れでしょうか。

今回は新スキンケアライン2種を同時に使い比べ。(どちらも「しっとりタイプ」)

ファンケル 化粧水 乳液パッケージ

モイストリファインもエンリッチも使用感はスルっと肌に馴染んでいくタイプで、ヒタヒタと手のひらで押し込まなくてもいいかんじ。

エンリッチの方がトロっと感が少しあるような気がします。

少量でもしっとりしますが、“化粧水はタップリ使う派” の筆者は2~3回に分けて馴染ませ、乳液へ。つけ終わると肌にツヤ感がでていました。

翌朝もしっとり感が続いていて嬉しくなります。

通常商品は化粧水・乳液共に30ml入り。通信販売や直営店舗にて販売中です。

また、2018年10月9日にローソン限定で発売された「うるおい実感トラベルセット」「ふっくらハリ実感スキンケアセット」には同スキンケアラインが10mlボトルでセットになっています。お泊り時のほか、お試しとしても手に取りやすそう。


あわせて読みたい


edit 『 女子力アップ 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ