ラインスタンプ

2014年09月19日 伊藤 みさ/更新:2014.12.07

プラズマクラスターは小児ぜんそくに効果!シャープの技術すごい

 シェアする LINEで送る

シャープが「東京大学医学部附属病院臨床研究支援センター」に委託し、臨床研究を行った結果
プラズマクラスター技術が、アトピー型の 小児ぜんそく患者の気道炎症レベルを低減させるという事が分かったと発表しました。

プラズマクラスターで小児ぜんそく 軽減!シャープの技術すごい
Photo by SHARP

これは、軽度~中度(せき や 「ぜーぜー」が週1回以上あり、時によって発作となって日常生活や睡眠に障害がでる)の小児アトピー型ぜんそくの患者130人を対象に
被験者の寝室などに研究専用のプラズマクラスター発生装置を設置して8週間の観察を実施。

この結果、喘息の主な原因の1つであるダニの死骸、糞に含まれる浮遊ダニアレルゲン などをおさえ、気道炎症レベルを低減させました。

「薬でもなく医療機器でもないプラズマクラスター技術がぜんそく児の呼吸機能を改善する可能性を示した事は長期ケアを行う上でとても意味がある事」と専門家も太鼓判。

今回臨床研究で使用された機器は市販のものの4倍のイオンをつくりだす研究専用のものだったそうですが、病院などに置かれているプラズマクラスターの空気清浄器やエアコンはやはり「いいもの」だったのだと改めて感じます。

PM2.5にも対応する、と中国人にも人気というプラズマクラスター機能付き家電は今後、更に精度を増してぜんそく患者の生活を改善してくれそうな予感です。

sponserd link
ページ上部へ