ラインスタンプ

2015年06月13日 Mika Itoh/更新:2015.06.13

映画 百日紅(サルスベリ)、北斎の娘ストーリーを杏が声優初挑戦

 シェアする LINEで送る

公開中の映画、百日紅(サルスベリ)。この作品は、杉浦日向子の人気マンガをアニメーション映画化したもの。早い劇場では2015年5月9日から公開スタートとなっていますが、遅いエリアでは7月や8月から順次公開となっています。

映画 百日紅(サルスベリ)、北斎の娘ストーリーを杏が声優初挑戦
(C)2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

百日紅は、浮世絵師として有名な葛飾北斎の娘・お栄のストーリー。北斎の娘もまた、父と同じく浮世絵師として活躍しており、江戸の町に生きた男勝りなお栄の絵師として・女性としての人生を描いた作品。

映像がとても綺麗で、葛飾北斎やお栄の描く浮世絵の世界も、お栄という女性を通してみるとまた一味違った新鮮さがあります。

sponserd link

浮世エンターテイメント!浮世絵師として生きたお栄という女性

予告ムービーは以下より。


本作では女優の杏さんが声優初挑戦で主役・葛飾北斎の娘「お栄」役を担当しており、その他にも声優には、松重豊や濱田岳、高良健吾、立川談春、麻生久美子など豪華俳優陣が名を連ねています。

映画 百日紅、葛飾北斎の娘のストーリー
(C)2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

主題歌は、椎名林檎の「最果てが見たい」。映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』は、劇場によって上映期間が大きく異なりますので、公開情報は劇場案内でご確認下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

 シェアする LINEで送る

あわせて読みたい

edit 『 一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ