ラインスタンプ

2018年01月02日 うめっち/更新:2017.12.31

文東記(ブントンキー)のチキンライス、シンガポールの国民食を味わう

 シェアする

旅行でチェックしておきたいのが、現地ならではのローカルフード(ご当地グルメ)。シンガポールの観光局が「国民食」と紹介しているのが、チキンライスです!

文東記(ブントンキー)のチキンライス、シンガポールの国民食を味わう

チキンライスといっても、日本人が想像するそれとはちょっと違い、シンガポールのチキンライスは蒸し鶏+ライスの組み合わせのみで提供される、シンプルな料理。

色合いも同じで見た目の華やかさは全くないため、ちょっと地味な印象も受けますが、しっかりと味がついていて美味しいのです。

お米が使われた料理でもあるため、日本人ウケも良いシンガポールのご当地グルメです。

sponserd link
ad1

チキンライスで有名なお店・文東記(ブントンキー BoonTongKee)

シンガポールのチキンライスは、ライスとチキンが別々のお皿で提供されたり、ライスの上にチキンが乗せてあったりとお店によって提供スタイルは多少異なるようですが、

筆者が訪れたチキンライスの有名店・文東記(Boon Tong Kee River Valley Road)では、ピラミッド形になった味付きごはんとチキンが別々で提供されました。

チキンライスの店 文東記(ブントンキー)

文東記(ブントンキー)のチキンライス 写真

メニューには単品で書かれているのでちょっと迷いましたが、日本語が話せるスタッフがいるため「チキンライスが食べたい」と言えば伝わります。

鶏スープで炊かれ薄く色の付いたライスは、そのまま食べても優しい味で美味しい。チキンには、ポン酢のようなタレがかかっていて、さっぱりと食べられます。

筆者は後から知ったのですが、突き出しのボイルピーナツと同時に運ばれたこの2色のソースにチキンをつけていただくのだそう。(勘違いしてピーナッツにつけて食べていた…)

文東記(ブントンキー)チキンライスのソース

しかし、別添えのソースをつけなくても、そのままで十分美味しくいただけました。

このほか、中華料理のメニューが充実している文東記では、Fried French Bean and Scallops(インゲンとホタテ貝の炒め物)も美味。

文東記(ブントンキー)インゲンの炒め物

ドリンクはライムジュースをチョイス。シンガポールでは定番のソフトドリンクのようで、ライムジュースはどのお店にもよく置いてあります。甘すぎず、さっぱりとした後味で美味しく、日本にないのが残念なほど。気になった方は是非お試しを。

名称 文東記 (Boon Tong Kee River Valley Road)
住所 425 River Valley Road, Singapore 248324
電話 +65 6736 3213
時間 11時15分~16時、16時30分~翌3時
関連 シンガポール特集地図で見るシンガポール

※内容は執筆時のもの。営業や時間などを確認してからお出かけ下さい。


あわせて読みたい


edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ