ラインスタンプ

2018年01月22日 うめっち/更新:2018.01.26

マーライオンタワーは口が展望台!セントーサ島を見渡すシンガポール最大のマーライオン

 シェアする

シンガポール島の南にあるセントーサ島に、“入場できるマーライオン”「マーライオンタワー(セントーサマーライオン)」があります。

マーライオンタワーは口が展望台!セントーサ島を見渡せる巨大なマーライオン

マーライオンといえばシンガポールのシンボル的存在。よく知られている口から水を吐き出しているマーライオンは、夜景スポットでもあるマーライオン公園に設置されていますが、

セントーサ島にあるマーライオンは、その何倍もある、シンガポールで一番大きなマーライオン!

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)外観
真横から見上げたマーライオンタワー

マーライオン自体がタワーになっているため、中に入ってシンガポールの歴史を学んだり、展望台になっているマーライオンの口の部分から景色を眺めることも出来ます。

マーライオンタワーの頭上にのぼれる!

さらに、頭の上に乗る事もできるのです!

sponserd link
ad1

マーライオンタワーは高さ37m!シンガポールで一番大きいマーライオン

セントーサ島のマーライオンタワー、まずは以下の動画で現場の様子を感じてみてください。

Youtubeチャンネル


マーライオンタワーは高さ37m。

シンガポールにはマーライオン像は他にもいくつかあり、本家マーライオンや子マーライオン(ベビーマーライオン)、マウントウェーバー山頂や、シンガポール観光庁内などにも。

その中でも一番大きいのが、このマーライオンタワー(セントーサ島)となっています。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)外観2

本家マーライオン(白)に対し、クリーム色のマーライオンタワー。ちょっと年季が入っていて迫力があります。

マーライオンタワー館内は有料で、タワー前方入口から入ります。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)入口

海の中をイメージさせるライティングや演出がされた青い通路を通っていくと、奥に小さなシアターが。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)館内の様子

ここではマーライオンやシンガポール誕生ストーリーを知る事ができる10分前後のビデオが見られます。ぎこちない部分はあるものの、日本語字幕も出るのはうれしいところ。

また、展望台から下っている途中に設置されている金のマーライオンに、チケット購入時に手渡されたカードを差し込むと、口から金のコインがコロリと出てきます。

この金色の記念コインはお土産として持ち帰ることができます。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)のコイン

目覚ましい経済発展を遂げるシンガポールでもらった金色のコイン。なんだか金運がアップしそうです。

マーライオンタワーの展望台は2つ!天候によって上がれない時も

マーライオンタワーでは、展示やミニシアターのある1階部分から、エレベーターで展望台へ上がることが出来ます。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)館内案内

展望台は2ヶ所「マウスギャラリー」「ヘッドギャラリー」があります。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)マウスギャラリー

マウスギャラリーは、マーライオンの口の部分から外を見渡せるエリア。ここにはスタッフが待機し、写真撮影サービスもあり。

手持ちのカメラでも「撮ってあげますよ」と手を差し出してくれ、さらには「次はこのポーズで!」と積極的にポージングを指示してくれるなど、いろんなショットを撮影してくれます。

ここでは、マーライオンの牙や口の形がフレームのようになった風景が撮影できるのも面白い。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)マウスギャラリー2

筆者が訪れた日は、突然のスコールがありヘッドギャラリー(頭の上の展望台)へは登れませんでしたが、ここからはセントーサ島がぐるっと一望できるとのこと。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)からの風景

また、シンガポール本島とセントーサを結ぶケーブルカーのほか、天気が良ければ遠くにインドネシアの島々もみえそうです。

マーライオンタワーに続く後ろの道には、ちょっと変わったオブジェも

展望台からエレベーターで降りると、最後にグッズショップを通って出口になります。出口はマーライオンタワーの足元・後ろ(背中)部分となっており、

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)後ろの出口

出口正面には水が流れていたり、大蛇のように見えるカラフルで長~~いオブジェや、噴水公園もあり。

マーライオンタワー(セントーサマーライオン)後ろの噴水公園

マーライオンタワーは、本島と島を繋ぐ「セントーサエクスプレス」のインビアステーション(Imbiah station)前。

シンガポールの本島からセントーサ島へと渡る時に利用するセントーサエクスプレス(モノレール)乗車時は、入島代を含めた運賃が必要ですが、島内での移動や帰りは無料で乗車することができます。

セントーサ島は島がまるごとエンタメ施設となっていますので、島内の移動時にはセントーサエクスプレスをうまく利用するとよさそうです。

名称 マーライオンタワー(セントーサ島)
住所 30 Imbiah Road, Singapore 099705
営業時間 10時~20時(19時30分最終入場)
入場料 大人12 S$(シンガポールドル)/子供9 S$

※内容は執筆時のもの。営業や時間などを確認してからお出かけ下さい。


あわせて読みたい


edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ