ラインスタンプ

2020年01月08日 Mika Itoh/更新:2020.01.08

駅弁「金沢三昧」のどぐろ・能登牛・カニ、金沢名物の詰め合わせ弁当

 シェアする LINEで送る

JR金沢駅の構内「あんと」で売られていた駅弁のなかで、一番人気として紹介されていたのが「金沢三昧」。

駅弁「金沢三昧」のどぐろ・能登牛・カニ、金沢名物の詰め合わせ弁当

金沢三昧は、金沢の名物である「のどぐろ」「能登牛」「かに」という3種類の高級食材が詰まった、贅沢な駅弁(1200円)。1番人気ということで、頂いてみました。

駅弁「金沢三昧」パッケージ
駅弁「金沢三昧」パッケージ

金沢三昧を作っているのは、石川県加賀市にある高野商店さん。

高野商店は、北陸の海の幸・山の幸をふんだんに使ったお弁当を明治29年から100年以上作り続けている、老舗のお弁当屋さんです。

sponserd link

金沢三昧、カニの身たっぷり

金沢三昧は3色弁当。1つ目は、カニ寿司。

金沢三昧、カニの身たっぷり

ベニズワイガニの棒肉がたっぷりと、贅沢にのっていて満足度高し!お酢の味付けも上品で、カニの甘みも感じます。

そして、2つ目は「能登牛おこわめし」。

駅弁・金沢三昧、能登牛おこわめし

能登牛は、カニとは対照的に量が少なめ。

少し濃い目の味付けで食欲をそそりますが、ちょっと控えめな量だったのが残念だったでしょうか。後ろの「おこわめし」が能登牛と同じ色なので誤魔化されそうになります(笑)。

そして、最後が「のどぐろ寿司」。

駅弁「金沢三昧」のどぐろ寿司

厚切りののどぐろが2切れ、酢じめにしてあります。高級食材なので、量は致し方ないのかもしれませんが、お気持ち程度に添えられた椎茸を含んでも余白が多く…。もう少し「具」を下さい(笑)

とはいえ、それぞれに高級食材なので、それらを1度に食べ比べできるというのは嬉しい。

この他にも、金沢駅にはカニだけを贅沢に味わう「越前かにめし」や、輪島の朝市をイメージして牡蠣飯やブリの角煮など色んな食材が詰まった「輪島朝市弁当」など、

美味しそうな駅弁が色々。人気の駅弁は売切れるのも早いので、早めにチェックを!

関連:世界で最も美しい駅14選に選ばれた日本唯一の駅「金沢駅」

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ