ラインスタンプ

2020年06月26日 Mika Itoh/更新:2020.06.28

米子市に新プラネタリウム、美しい星空に「名探偵コナン」投影も

 シェアする LINEで送る

星空を楽しむツアーも実施され、空気が澄んでいるため県内全市町村で「天の川」も見られるという鳥取県。そんな星空の美しさをPRする鳥取県のプラネタリウムが新しく生まれ変わった。

米子市に新プラネタリウム、美しい星空に「名探偵コナン」投影も

米子市児童文化センター(鳥取県米子市西町133番地 湊山公園内)のプラネタリウムが、開館以来37年ぶりに機器や音響施設・座席などを刷新しリニューアルオープンしたもの。

導入されたのは、五藤光学研究所製の最新型光学式プラネタリウム「オルフェウス」と全天周デジタル映像システム「バーチャリウムX」を融合した『ハイブリッド・プラネタリウム』。

米子市内から見える約9500個の星や「天の川」を、約800万個の星を映し出す投影機など使うことで、より分かりやすく星空を楽しめるようになった。

米子市児童文化センター プラネタリウム、美しい星空に「名探偵コナン」投影も

プラネタリウムで楽しめる投影番組には「名探偵コナン ~星影の魔術師~」もあり(※一般受付は開催日の1週間前より)。

観覧料金は大人500円、小・中・高校生は50円、幼児は無料で火曜日は定休日。

新型コロナウイルス対策のため、マスク着用や入室時に手の消毒、座席数の制限などがあるとのこと。詳しくは米子市児童文化センター(0859-34-5455)までお問い合わせを。

sponserd link
ページ上部へ