ラインスタンプ

2015年04月27日 伊藤 みさ/更新:2015.04.27

文房具女子の4年の想いが形になった!ラメ入り蛍光ペン キラリッチ

 シェアする LINEで送る

小・中・高校生の女子にとって、いろんな色やパターンを持つペンは、テンションの上がる文房具の1つ。無駄に沢山持ちたくなるもの。

筆者も、クーピー・色鉛筆・ボールペン・ポスカ・サインペン・ドット柄マーカー…といろんなペンを求めて、お小遣いを握りしめ近所の文房具屋さんに通ったものです。

文房具女子の4年の想いが形になった!ラメ入り蛍光ペン キラリッチ

今となっては「本当に使うのか?」というものまで買っていましたが、お友達との交換日記や手紙のやりとりにはカラフルなペンを使ってデコレーションして楽しんでいました。

そんな、“かわいいペンで手紙やノートを書くことが大好きだった” という文房具女子が、大手筆記具メーカー「ゼブラ」に入社。

就職面接の時から「こんなペンが作りたい!」と熱弁し、入社2年目にして商品案から開発担当までを任されたのだとか。そして開発に2年を費やして完成したのが、2015年5月18日に発売されるラメ入り蛍光マーカー「キラリッチ」。

sponserd link

ありそうでなかった、ラメ入り蛍光マーカー!

キラリッチ 開発担当
(初々しさが残る開発を担当した女性)

ラメ入り蛍光マーカー キラリッチは青・緑・黄・紫・ピンクの全5色展開で1本129円。

ラメ入りのペンはこれまでにもいろんな商品が発売されており、筆者も使用した事がありますが、キラリッチの注目ポイントは

・使う前に振る必要がない
・サラっとした粘度の低いラインマーカーなのにラメ入り

というところ。これまでのラメ入りペンといえば、粘度の高いゲルタイプや、ペンを振ってインクの中のラメを撹拌(かくはん)する必要がありました。

キラリッチは従来のラインマーカーのインクに、重いラメを常に分散させるための素材を入れるなど独自の製造技術を導入。

これによって振る必要がなく、まんべんなくラメがでてくる蛍光マーカーに。ラメには銀が配合されているのだそうですよ。

教科書やノート、お手紙、手帳などにキラキラの蛍光ラインがひけたら…女の子のテンションもグっとあがりそう。

ゼブラ キラリッチ

また、パッケージもリップグロス風のかわいいデザインで、文房具女子の心をザワつかせます。開発担当の方が4年越しの想いを形にした…と思ったら、1本129円のペンを使うにも、なんだか感慨深いものがありますね。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ