ラインスタンプ

2015年06月01日 Mika Itoh/更新:2015.06.01

世界初!浮いたまま走るリニアモーターカーが、タカラトミーから

 シェアする LINEで送る

時速500㎞以上のスピードで走る“浮く列車”として話題の、JR東海・リニア中央新幹線が、90分の1のミニサイズになってホンモノよりも先に動き始めます。

世界初!浮いたまま走るリニアモーターカーが、タカラトミーから

「リニアライナー」というミニチュア版を、タカラトミーがリニア中央新幹線の世界観を再現して作ったもの。

リニア中央新幹線の仕組みとは多少異なるものの、実際に地上からは2mm浮いて走行することができる。これは男の子はたまらないんじゃないでしょうか!

sponserd link

プラレールより断然速い!リニアライナー、9月から発売へ

リニア中央新幹線は、時速500km以上で走行することができる未来の乗り物。これには海外もザワついていると各メディアも報じていますが

子供の夢の世界にもすぐ反映させ再現してしまうところが日本らしい。見た目もリニア中央新幹線ソックリにつくられています。

リニアライナー、タカラトミーからリニア中央新幹線のミニチュア版

タカラトミーから販売中の人気電車型おもちゃ「プラレール」よりも、数倍速く走行することができるのだとか。

プラレールより断然速い!リニアライナー、9月から発売へ

販売は2015年9月の予定。実際のリニア中央新幹線は2027年開業予定となっていますので、約10年後の世界を早くもおもちゃで体験することができる。今年のクリスマスプレゼントとしても人気を集めそうです。


リニアライナーの価格は35000円で、車両1編成とレールなどのセットになっています。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 一般 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ