公開:2022年05月03日 伊藤 みさ/更新:2022.05.03

ローソンが無印良品の約200商品を本格導入、順次全国拡大へ!

 シェアする LINEで送る

ローソンは、無印良品の商品およそ200アイテムを、2022年5月2日より約半年間で関東甲信越地区のローソン店舗約5000店に本格導入を開始。以降、全国への展開を進めていくと発表しました。

ローソンと無印良品は、2020年6月から東京・千葉・埼玉の約110店舗で導入実験を開始していましたが、本格的に導入店舗の拡大が決定。2023年中を目途に全国規模に拡大していく予定となっています。

ローソン店舗で無印良品の文具・カレーなど展開、順次全国拡大へ

品揃えは、生活の基本となる 化粧水、文具、靴下、レトルトカレー、菓子など約200アイテム。専用の販促物を使用し、複数の棚に商品が並べられる。また、店舗の立地や利用客の要望にあわせて、商品ラインナップをすりあわせていくとしています。

さらに今後は、ローソンと無印良品が共同でのプライベートブランド商品・サービスの開発などを行う予定とのこと。

ローソンは、共同事業契約を締結したポプラとのダブルネーム店舗を持っていたり、店内に成城石井コーナーを持つ店舗があったりと、様々な店舗とコラボ中。今後の動きもまた注目されそうです。

ページ上部へ