ラインスタンプ

2020年07月13日 Mika Itoh/更新:2020.07.13

知ってた?「土用の丑の日」の意味と、ウナギを食べる理由

 シェアする LINEで送る

もうすぐ、「土用の丑の日」ですね!
土用の丑の日 といえば、ウナギを食べる習慣が有名ですが、「土用」も「丑の日」も、その意味を知らない人は意外と多いのではないでしょうか。

知ってた?「土用の丑の日」の意味と、ウナギを食べる理由

「土用の丑の日」にどんな意味があり、この日に「ウナギ」が食べられるようになったキッカケは、何だったのでしょうか。


土用 って、どういう意味?

「土曜」とよく勘違いされますが、「土用」は四季の四立(立春・立夏・立秋・立冬)の直前の約18日間を指す言葉。近年は「土用」のことを、立秋前の“夏の土用” に対して使われることが多いようです。

日本の暦には、季節の変化の目安とする日の呼び名があり、「節分」や「八十八夜」「お彼岸」などがありますが、土用もその1つ。それらを総称して「雑節(ざっせつ)」と呼ばれています。

sponserd link

丑の日とは

丑の日は、十二支の丑にあたる日。丑(うし)は、十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の丑のこと。

たまにカレンダーなどでそれぞれの日に割り当てられた「甲子、乙丑、丙寅、丁卯、戊辰、己巳、庚午、辛未…」などの文字を見かけることがあると思いますが、

これは暦日につけられた符号「日干支」で、十干と十二支を組み合わせてつくられています。

十干(じっかん)
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
十二支(じゅうにし)
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

(参照:CASIO 干支カレンダー

土用の丑の日とは

土用の丑の日」とは、土用の期間のうち、十二支(日干支)の丑の日を指しています。

2020年の「夏の土用」は、立秋(8月7日)の前の約18日間になり、その期間中の日干支で“丑”の付く日が土用の丑の日、ということになります。

ちなみに、2020年は土用の期間に丑の日が7月21日と8月2日の2回あります。

この場合は、最初の丑の日(7月21日)のことを一の丑、2回目の丑の日(8月2日)を二の丑と呼ぶのだそうですよ。

土用の丑の日に、なぜウナギを食べるのか?

土用の丑の日に、なぜウナギを食べるのか?

WEBの百科事典「コトバンク」によると、「ウナギを食べれば夏バテしない」と言われていたことから、土用の丑の日に鰻を食べる習慣が昔からあったようです。

万葉集でも「暑い時期を乗り切るために、栄養価の高いウナギを食べる」という習慣が詠まれており、普段の食事が質素だった昔は特に、栄養豊富なウナギを食べるのが効果的と考えられていたのですね。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 生活・ライフハック 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ