ラインスタンプ

2019年01月11日 うめっち/更新:2019.01.15

MSCスプレンディダ、プチ旅も楽しめる大型カジュアル客船

 シェアする

MSCスプレンディダは、MSCクルーズ社が運航する巨大豪華客船。MSCクルーズ社はイタリアで創業したクルーズ会社で、2019年1月現在は15隻のクルーズ船を保有。2026年までに全24隻まで増やす計画を持つ、 “客船の発注件数最多を誇るクルーズライン” です。

MSCスプレンディダ、プチ旅も楽しめる大型カジュアル客船

MSCスプレンディダは、2009年デビューしたカジュアル客船。

日本には、2018年に初就航しています。全長333.3mという大型客船のMSCスプレンディダは、遠くから見ても圧巻の大きさ。

横浜・大黒ふ頭に停泊する、MSCスプレンディダ

その迫力に、クルーズ初心者には手の届かない存在のようにも見えますが、

実は日本発着プランや、4日間のショートプランなどもあり、クルーズ初心者向けの体験乗船にもちょうどよい価格帯のツアーなども用意されています。

sponserd link

MSCスプレンディダ 基本データ(シップデータ)

MSCスプレンディダの基本データは以下の通り。

MSCスプレンディダ、プチ旅も楽しめる大型カジュアル客船
MSCスプレンディダ

船名 MSCスプレンディダ
全長 333.3m
全幅 37.92m
高さ 66.8m
総トン数 137,936トン
乗客定員 3247名(2名1室利用)
就航年 2009年
デッキ 18層(うち乗客用デッキは14層)
客室数 1637室
最高速度 22.99ノット
日本語スタッフ 航路によっては乗船あり
クラス カジュアル

レストランは、ピアノバー、ジャズバーなど数種類のバーや、ビュッフェレストラン、ラウンジ、スポーツバー、中華レストラン、軽食やアイスクリームショップ、ステーキレストラン、エスプレッソコーヒーバー、展望レストランや、ヨットクラブ(会員)専用レストランなどもあり。

MSCスプレンディダのプール

エンタメ施設として、カジノやプール、ウォータースライダー、フィットネスセンター、スパ、テニスコート、4Dシネマ、F1シュミレーター、アートギャラリー、ポーカールーム、シアターなどがある。

日本を含むアジアのショートステイから、ドバイ・イタリアなどを巡る長期旅も

MSCスプレンディダの船名「Splendida」は、“とても美しい” などの意味を持つ言葉。船籍はパナマですが、公式のクルーズガイドには「イタリア船」と紹介されています。

MSCスプレンディダの屋上プール

その名の通り、船に乗り込んで最初に目に飛び込んでくる華やかなアトリウム(デッキ5~7にかけての吹き抜けフロア)には、スワロフスキーを敷き詰めた階段が出迎えてくれます。

MSCスプレンディダ スワロフスキーの階段2

ここは、船内カメラマン(有料)が記念撮影時の背景にも使っている「絵になる」フォトスポットとなっています。

MSCスプレンディダ スワロフスキーの階段

船内各所にあるバーやラウンジは、イタリアをイメージさせる内装に。

MSCスプレンディダ イタリアを思わせる内観イメージ
画像はデッキ7「ディムサム・バー&ティーハウス」

時間帯によってドレスコードはあるものの、「カジュアル船」に分類されている客船のため、比較的カジュアル(綺麗目カジュアル)な服装で過ごせる時間が多いのも特徴です。

MSCスプレンディダ、カジュアル船

大型の豪華客船なのに初心者の「初めてのクルーズ」にも利用しやすい客船となっています。

MSCスプレンディダ クルーズ体験記メニュー

当編集部では、実際にMSCスプレンディダでクルーズ旅を体験してきました。乗船して驚いたことや困ったこと、気づき、楽しみ方など、クルーズ船体験記を以下のようにご紹介していきます。

是非、あわせてご覧ください!(随時リンクを追加していきます)

MSCスプレンディダ クルーズ体験記メニュー

  1. MSCスプレンディダってどんな船?(本記事)
  2. MSCスプレンディダ クルーズ乗船・体験記メニュー
    • いざ、MSCスプレンディダに乗船!
    • 客船の出航時には、港でお見送り演奏!
    • クルーズ船の気になるドレスコード(服装)
    • MSCスプレンディダの船内で、現金や換金は必要?
    • 船内新聞をチェック!新聞の見方やチェックポイント
    • MSCスプレンディダの食事やレストランについて
    • 無料で楽しめるアクティビティ・ショー
    • MSCスプレンディダ 下船準備~精算まで

※内容は執筆時(乗船時)のものです。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ