ラインスタンプ

2019年06月20日 mimi/更新:2019.06.20

名古屋発祥の「台湾ラーメン」味仙の辛ウマご当地メシにハマる!

 シェアする

名古屋メシといえば、味噌煮込みうどん、味噌カツ、エビフライ、手羽先モーニングなどが有名ですが、地元民が足繫く通う名古屋メシに「台湾ラーメン」がある。

“台湾”ラーメン?名古屋発祥のご当地グルメなのに、なぜ「台湾ラーメン」なのか?

名古屋発祥の「台湾ラーメン」味仙の辛ウマご当地メシにハマる!

台湾ラーメンというネーミングの謎は、発祥のお店「味仙(みせん)」にあって、始まりは初代オーナーの郭さんが、台湾で小皿で食べられている「タンツー麺」を激辛にアレンジして提供したものが最初なんだとか。

その激辛ラーメンの名前を、郭さんの出身地が台湾であることから「台湾ラーメン」と名付けたんですね。

その後、激辛ブームの波に乗って「台湾ラーメン」は一気に広まり、今や揺るがない名古屋のご当地グルメとしての存在感を放つまでに。近年ではファミリーマート限定で味仙監修の「台湾ラーメン」が販売されていたりします。

sponserd link

台湾ラーメンは、たっぷり挽肉&ニラが辛味と旨味を引き立てる

台湾ラーメンの発祥のお店、味仙は愛知県に数店舗展開していて、どれも親族ののれん分けなのだそう。そのうちの矢場店に訪れてみました。

名古屋「台湾ラーメン」味仙 矢場店

店内に入ると、異国の大衆食堂のような雰囲気で、すごい賑わい。広く仕切りのないフロアには、4人掛けテーブルがズラリと並べられています。

名古屋 味仙 矢場店の店内

壁際には厨房が見えるカウンターがあり、オーダーの声が飛び交っています。

名古屋 味仙 矢場店の厨房カウンター

席は杓文字に書かれた番号で割り振られてあり、お会計のときはこの番号を伝えればOKという仕組み。

名古屋 味仙 矢場店のテーブル番号と杓文字

まずは、お目当ての台湾ラーメンから。

名古屋 味仙 矢場店の台湾ラーメン

赤いスープとたっぷりの唐辛子がドキドキしますが、食べてみるとしっかり旨みを感じる美味しいスープ。後からジワジワと辛さがやってきます。これはクセになりそう。

味仙 名古屋の台湾ラーメン発祥の店で、ニラ玉

辛いのが得意じゃない人でも、安定感のある美味しさのニラ玉やチャーハン等を挟みながら、また台湾ラーメンに戻るの繰り返し。

名古屋・味仙のチャーハン

名古屋 味仙、台湾ラーメンが人気のお店

この日は夜遅い時間に訪れましたが店内はかなり混み合っていました。それでも、注文から出てくるまでの時間も早く、サイドメニューも美味しいので、地元の人が通うのも頷けます。

店名 味仙 矢場店
住所 愛知県名古屋市中区大須3丁目6−3
TEL 052-238-7357
時間 昼 11:30~13:40ラストオーダー / 夜 17:00~24:40ラストオーダー
備考 お土産用「台湾ラーメン」の販売もあり
関連 愛知グルメ&観光 / 「ラーメン」に関する記事

※内容は執筆時のもの。営業日などを確認してお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。



あわせて読みたい

edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ