前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

7月11日はセブンイレブンの日、チロルやポテチなど人気お菓子が限定バージョンに

7月11日はセブンイレブンの日! として、6月28日より全国のセブンイレブンでは限定商品が順次発売されています。

7月11日はセブンイレブンの日、チロルやポテチなど人気お菓子が限定バージョンに

「セブンイレブン」の名称は創業当初「朝7時~夜11時まで営業するお店」に由来しており、その後、日本記念日協会に申請して“7月11日をセブンイレブンの日” に制定。

そんな記念日を盛り上げようと、2018年はセブンスイーツアンバサダーの意見を参考に開発した「まるでブルーハワイなゼリー(7月10日発売)」ほか、

  • チロルチョコ セブンカフェ味
  • カルビー ポテトチップス ななチキ味
  • カルビー かっぱえびせん7倍
  • 東ハト 7倍でっかいキャラメルコーン
  • 湖池屋 7倍辛いカラムーチョホット
  • 山芳製菓 7倍×1.1倍わさビーフ(わさび7倍、ビーフ1.1倍)
  • 味覚糖 カゲキックス スッパレベル7

など、7と11にちなんだフレーバーやグレードアップした商品を発売。この時期だけ楽しめるお菓子が店頭に並びます。

レモネードにグレフルトマト!スタバに新フローズンティー登場

スターバックスコーヒージャパンがこの夏初めて “ベジタブル” ミックスのフローズンティーを投入!

レモネードにグレフルトマト!スタバに新フローズンティー登場

  • ティバーナ フローズンティー ハーバルレモネード
  • ティバーナ フローズンティー グレープフルーツ&トマト

の2種類が2018年7月2日より発売となります。

ハーバルレモネード
※Tallサイズのみの提供 520円
アメリカでは真夏の定番ドリンクとして親しまれるレモネードをイメージ。ノンカフェインのハーブティー(アイスカモミールティー)に果皮の食感感じるレモンのフローズンを注ぎ込み、マーブル模様に。(2018年8月30日まで)
グレープフルーツ&トマト
※Tallサイズのみの提供 520円
ルビーのような真っ赤な見た目が鮮やかで夏にぴったり。ハイビスカス・シナモン・ドライアップルなどがブレンドされたノンカフェインのハーブティーに、グレープフルーツ&トマトのフローズンを合わせた。(2018年8月7日まで)

一部店舗を除き、全国のスターバックス店舗で提供。期間中でもなくなり次第販売終了となることもあり。

ゴディバ「ショコラシトロン」柑橘が爽やかに香る、飲むチョコレート

ゴディバが監修し森永乳業が販売するチルドカップ飲料「GODIVA ショコラシトロン」が2018年6月26日よりコンビニ限定で発売されます。

ゴディバ「ショコラシトロン」柑橘が爽やかに香る、飲むチョコレート

GODIVA ショコラシトロンは、ゴディバの品質基準に則したクーベルチュールチョコレートを使用した癒しドリンクで、内容量は180mlで193kcal、価格は220円(税別)。

口当たりがまろやかなミルクチョコレートと、柑橘で後味さっぱりと飲めるシトラスの爽やかさをプラスし、バランスのいいハーモニーを楽しめます。

チルドカップ飲料市場では売上の8割をコーヒーが占めている(2017年1月~12月累計)ものの、スムージーやココア系への支持も増えてきており全体を底上げしている。

コーヒーとはまた違った優しいチョコレートの甘みと癒しが欲しいときに、ぜひ。

流行りの透明ドリンクに、ビールまで!透明飲料発売ラッシュのワケ

フレーバーウォーターの人気の高まりから一転、水なのかジュースなのか、頭も舌も混乱しそうなブームがここ数年で起きています。

それが「透明飲料」の発売ラッシュ。

流行りの透明ドリンク、ついにビールにも!透明飲料発売ラッシュのワケ

テレビを見ていると毎日どこかしらで透明な飲み物のCMを目にします。

筆者が最初に「透明な飲み物」として衝撃を覚えたのは “桃の天然水”。1998年に歌手の華原朋美さんが出演したCMで人気に火が付き、CM内の「ヒューヒュー」というは流行語にもなりました。

あれから20年。一時は姿を消した「透明な飲み物」ですが、2018年の日本には透明なヨーグルトテイストドリンク、透明なミルクティー、透明なエスプレッソラテ、透明なコーラ!

さらには、ノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」も透明バージョンが6月19日より発売されます。

青色パンケーキ!ファミマ チョコミントパンケーキが登場

ファミリーマートのパン売り場で見つけた、まさかの「チョコミント」味のパンケーキ。

青色パンケーキ!ファミマ チョコミントパンケーキが登場

人気の「チョコミント」をパンにもとりいれた商品「チョコミントパンケーキ」が、2018年6月5日より発売されています。

青色はそもそも食欲をそそる色では無いものの、イベント的にスライム肉まんなど青い生地の食べものが登場している、ファミリーマート。

チョコミントパンケーキも、鮮やかな青色の生地でミント風味のクリームとチョコクリームをサンドしています。(着色料はクチナシ、紅花黄)

ファミマ チョコミントパンケーキ 画像2

ファミマ チョコミントパンケーキ 画像3

しっとりモチっとした生地で、喉が乾く暖かい季節でも食べ易く冷やしてもよさそう。同時期に発売されていた「ローソン チョコミントタルト」はミントが控えめでしたが、チョコミントパンケーキのほうは味がしっかり感じられる。

パンケーキは2個入りで税込み138円。けっこうボリュームがあるので、お試しするならお友達とシェアしても良さそう。ファミマではこのほか、毎年人気の「チョコミントフラッペ」がカカオ成分が増量し発売されています。

ファミマ チョコミントフラッペ

こちらはチョコミント鉄板メニュー。数量限定なのでお気を付けを。

チョコミントタルト、鮮やかミントブルーが衝撃のローソンスイーツ

チョコミン党(=チョコミント好き)の筆者も一瞬怯んでしまったブルーが鮮やかなスイーツ「チョコミントタルト」が、ローソンにて発売されています。

チョコミントタルト、鮮やかなミントブルーが衝撃のローソンスイーツ

ローソン チョコミントタルト

ミントブルーの鮮やかな発色のクリームとココアタルトの組み合わせは意外な気もしますが、実際に食べてみると相性がいい。ミント感はそんなに強くなく、個人的にはチョコの味をメインに感じました。

主張しずぎない程度にチョコソースとサクサク感のある「クレープ生地フレーク」が入っていて、これがいいアクセントになっています。マスカルポーネとの表記がありましたが、個人的にはチーズ感はあまり感じませんでした。

要冷蔵のスイーツで、常温になるとふわっと軽いクリームになるのでしっかりと冷やして食べて。ひやしてしっとり、凍らせると「むっちり」な食感になるとの口コミも多いチョコミントタルトです。(タルトはホロホロっと柔らかいので、持ち帰るときは優しく)

ローソン チョコミントタルト 画像2
常温になるとクリームが溶けてしまいそうなほど柔らかい

チョコミントというと「アイス」というイメージが強い筆者。最近、チョコミント味のお菓子が増えているなと感じていましたが、まさかタルトになるとは!チョコミント好きの方はお試しを。

ゴディバ、初の和スイーツ「生ショコラ大福」ウチカフェスイーツから

おうちで本格的なスイーツを楽しめる、ローソンの「ウチカフェ」シリーズからゴディバとコラボした初の和スイーツ「生ショコラ大福」が2018年6月5日より登場する。

ゴディバ、初の和スイーツ「生ショコラ大福」ウチカフェスイーツから

生ショコラ大福は、ゴディバがお餅を使って作ったスイーツ。

チョコレートのお餅の中にはダークチョコレートクリームがあり、中央に生チョコが入っている。大福の表面はココアパウダーで仕上げられています。価格は税込260円。

ローソンとゴディバのコラボシリーズは、2018年6月で1年を迎える。

第一弾として発売した「ショコラロールケーキ」は発売初日に20万個を販売するなど大きな注目を浴びました。

ゴディバ、ウチカフェとコラボ1周年記念でショコラロールケーキ発売

今回、1周年を記念して、アニバーサリー仕様に仕立てた「ショコラロールケーキ」も6月5日に同時発売する。価格は税込450円。

色が変わる魔法のかき氷!ココスに純氷ふわふわ氷 9種類

ファミリーレストランのココス(COCO'S)が、2018年6月7日より純氷(じゅんぴょう)を使用したふわふわかき氷 全9種類を発売。

かき氷専門店並に “選べる”のが嬉しい、夏のスイーツが登場です!

色が変わる魔法のかき氷!ココスに純氷ふわふわ氷9種類登場
ポップブルーソーダ(ブルーソーダシロップ&レモンシロップ)

ココスがこの夏展開する「純氷ふわふわかき氷」は、-10℃前後で48時間以上かけてゆっくりと凍らせた透明度の高い氷を使用。

味は、杏仁豆腐をアレンジしたものから、定番の「果肉いちご」「濃厚マンゴー」などがあり、トッピングでバニラアイスも80円(+税)で付けられる!

濃厚ねっとり果実食感アイス、夏に常備しておきたくなるフルーツバー

セブンイレブンで4月末から発売中の「4種類の果実食感 フルーツバー」。4種類8本入りで267円というお手頃価格も嬉しいアイスバー。量と価格からそれほど期待していなかったのですが、第一印象は「果実食感」に驚かされるフルーツバーです。

濃厚ねっとり果実食感アイス、夏に常備しておきたくなるフルーツバー

中に入っているのは、小ぶりなアイスバー。種類は、ブラッドオレンジ・マンゴー・白桃・キウイが2本ずつのアソートタイプ(詰め合わせ)。毎年少しずつリニューアルして登場しています。(去年の巨峰が、今年はブラッドオレンジに変わっています)

4種類の果実食感アイスバー、夏に常備しておきたくなるフルーツバー

それぞれ果汁も21~27%あり、お味も濃厚。「まるで○○を凍らせたようなアイスバー」のシリーズにも近い満足感あり。

4種類の果実食感アイスバー、セブンイレブン

蒸し暑くなってきたこれからの季節、冷蔵庫に常備しておきたくなる、お財布にも優しいアイスバー。シリーズで別のフレーバーの登場も期待したい。

ちなみに、セブンイレブンの人気商品ランキングにも入っていた冷凍アップルマンゴーをアイス代わりに食べるのもオススメです。

茶葉まるごと食べられる!「茶葉の天ぷら」緑茶を余すとこなく

お茶の産地、福岡県八女市でお茶農家さんに教えてもらった「茶葉の食べ方」。

緑茶の茶葉は食べられる。お茶どころならではの食べ方

茶畑で育てられている「葉っぱ」が丸ごと食べられるなんて、想像したことがなかった筆者ですが「お茶の新芽を天ぷらにして食べることもあるよ」と聞き、百聞は一見に如かず…早速トライしてみました!

摘みたての新鮮な茶葉を実際に天ぷらにしてみたところ、クセやエグみ・口に残るイガイガもなく、パリパリっと美味しくいただけました!

最近ではお茶農家さんだけでなく、茶葉に含まれる栄養をまるごといただく「食茶」という食べ方としても注目されているのだそう。

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

ページ上部へ