前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

たこ焼きの元祖 会津屋、みんな大好きBグルメの原型

コバラがへった時のおやつや、お酒のお供、食事としても沢山のひとに食べられている「たこ焼き」。その発祥と言われている

会津屋 の「元祖たこ焼き」に出会いました。

たこ焼きの元祖 会津屋、みんな大好きBグルメの原型

まん丸で、1つ1つが比較的小さな会津屋のたこ焼きは、なんといっても ソースがかかってない!というのが一番印象的。

会津屋 元祖たこ焼き

今日では、ダシのきいた生地の中にタコなどを入れてまん丸に焼き上げ、上からソースや鰹節をかけたものをたこ焼きと想像しますが、元々たこ焼きは

肉・コンニャクなどを入れて焼いたラヂオ焼(又はラジューム焼)というものが原型。(会津屋初代・遠藤留吉氏が考案)

その後、味を追求し「明石のたこ」と「衣」に味を付けて焼き、進化させたこの形が大阪のたこ焼きなのだそう。実にシンプルで、味がついた生地が少し焦げて香ばしい香りです。

ローソン「マチのミルクスタンド」スタート、産地指定生乳でカフェラテも

ローソン店内で淹れたてコーヒーが楽しめる「マチカフェ」で、ホットミルク(130円)の販売が開始します。

ローソン「マチのミルクスタンド」スタート、産地指定生乳でカフェラテも

マチカフェといえば、カフェモカ(期間限定)などのアレンジコーヒーやカフェインレスコーヒー、紅茶のラインナップが追加されるなど様々な淹れたてドリンクが楽しめるサービスですが、今度はエリアごとに区分し産地指定した生乳を100%使用した「ホットミルク」を追加。

ホットミルクがコンビニで飲めるようになるというのはちょっと意外な印象を受けますが、ローソンの看板ロゴにはもともと「ミルク缶」が描かれています。

ローソンの看板ロゴには、ミルク缶が描かれている
ローソンの看板には、ミルク缶が描かれている

これは1930年代にアメリカオハイオ州のJ.J.ローソン氏が営んだ牛乳販売店「ローソンさんの牛乳屋さん」が発端となっているため。

その為「いれたてドリンクのラインナップの中にミルクを追加すること」は、ローソンとしては自然なことなのかもしれません。

チキンラーメン屋台、東京から全国主要都市へ

日清食品が、チキンラーメンが発売60周年を迎える事を記念して「チキンラーメン屋台」キャラバンを2017年10月2日からスタートさせました。

チキンラーメン屋台、東京から全国主要都市へ

チキンラーメンと器、卵と熱湯さえあれば簡単にできる「チキンラーメン」は世界初のインスタントラーメンとして愛され続けて60周年。

家でも食べられるチキンラーメンですが、屋台があったらちょっと寄ってみたくなります。

おもわずパケ買い!新しくなったシャルロッテシリーズが可愛い

ロッテから生まれ変わったシャルロッテシリーズが、2017年10月3日より発売スタートしました。

おもわずパケ買い!新しくなったシャルロッテシリーズがかわいい

新登場したのは、生チョコレート/生チョコレート(バニラ)/ストロベリージュレショコラ/ショコランタン/ショコランタン(香るカカオ)の5種類。

ヨーロッパの老舗チョコレート店をイメージしたという、やさしいイラストとカラーがかわいく思わず手に取ってしまうパッケージが印象的です。

ミスドから本格派の抹茶 発売、ホットとコールドどちらも気になる秋の新商品

ミスタードーナツが2017年9月22日から、宇治茶専門店 祇園辻利と共同開発した期間限定商品「ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ」「コットンスノーカフェ 抹茶」を発売しました。

ミスドから本格派の抹茶 発売、ホットとコールドどちらも気になる秋の新商品

暑さを感じる日もあれば、なんだか肌寒い日もある…。そんな秋の微妙な気候に合わせるように、今回の新作は温かいのと冷たい「抹茶オレ」。

どちらにも、百五十余年の歴史を持つ「祇園辻利」がこだわった宇治一番摘み茶を石臼挽き製法で仕上げた抹茶のみ使用。

ホットの抹茶オレ(ホット抹茶オレ 豆乳ホイップ)は、底にあずきあん・上に抹茶を練り込んだ豆乳ホイップをトッピング。

冷たい抹茶オレ(コットンスノーカフェ 抹茶)はカップの下は抹茶オレ、その上にミルク風味のコットンスノーキャンディ・あずきあん・抹茶パウダー・ラスクをトッピングしたもの。

その日の気温や気分で選べる2つの味が嬉しい新商品となっています。

ハーゲンダッツ ほうじ茶ラテが復活!春に1か月で完売した人気フレーバー

ハーゲンダッツジャパンが、2017年10月31日に期間限定商品として「ほうじ茶ラテ」を発売。

今年4月に新発売するも予定より早く1か月ほどで終売となった人気商品が早くも秋に復活します。

ハーゲンダッツ ほうじ茶ラテが復活!春に1か月で完売した人気フレーバー

今回再発売となるハーゲンダッツ ミニカップ『ほうじ茶ラテ』は、ほうじ茶にミルクを入れて砂糖などで甘味を加えた「ほうじ茶」の味わいをアイスクリームで表現。

ほうじ茶の旨みとミルクのコクを感じられるものと、抽出エキスを使った香り高いもの 2種類の「ほうじ茶ラテアイスクリーム」をマーブル状に組み合わせ。

最近コンビニスイーツや人気コーヒーチェーンでも何かと今人気の「ほうじ茶フレーバー」。今回も早くに売り切れとなるかもしれないので、早めにゲットしておいた方がよさそうです。

スタバが購入ポイント制度「リワード」スタート、貯めて特典ゲット

スターバックスコーヒージャパンが、初のポイントサービス「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」を2017年9月20日より開始しました。

スタバが購入ポイント制度「リワード」スタート、貯めて特典ゲット

スターバックスリワードは、公式モバイルアプリや公式ウェブサイトへの「スターバックスカード登録」で利用可能となるポイントサービス。(すでに登録している人は手続き不要)

スタバカードで商品を購入すると、税抜50円あたり「Star(ポイント)」が1つ貯まる仕組み。

スタバ ほうじ茶フラペチーノが好スタート、優しい香りと意外なコンビがうまい

スターバックスジャパンが2017年9月15日より発売開始した「ほうじ茶フラペチーノwithキャラメルソース」が発売当日より好発進、注目の新商品にスタッフも大あらわとなっているようです。

スタバ ほうじ茶フラペチーノが好スタート、優しい香りと意外なコンビがうまい

ほうじ茶フラペチーノは、煎茶・茎・玉露・被せ・味真 という5種類のほうじ茶をブレンドして使用している「お茶」のデザートドリンク。(⇒商品詳細

発売初日から注文が相次いだそうで、店頭スタッフの方は「ホント、今裏はバッタバタです」とポロリ。しかし「ほうじ茶はゆっくりと時間をかけて抽出していて、苦味はなく旨みと香りが出ていてとってもオススメです」とニッコリ。

ご褒美!ゴディバミルクチョコレート、濃厚ドリンクでまったり幸せ

森永乳業がちょっぴりリッチなチョコレートドリンク「GODIVAミルクチョコレート」を2017年9月12日に発売しました。

ご褒美!ゴディバミルクチョコレート、濃厚ドリンクでまったり幸せ

ゴディバミルクチョコレートは、森永のヒットチルドカップドリンク「マウントレーニア」よりも少しちいさめサイズの180ml。

ゴディバミルクチョコレート 画像2

口に含むと、トロっと濃厚なチョコレートドリンクが広がり、まろやかな味わいで癒してくれます。

この商品は、厳格な品質基準を満たしたクーベルチュールチョコレート(ココアバターの含有量の多いチョコレート)を使用した、ゴディバ監修のドリンク。(カロリーは202kcal)

ゴディバのチョコレートを、舌の温度でじっくり溶かしていただいている時のような濃厚なひとときが味わえます。チョコレート好きにはたまらない口当たりとのど越し感。

まったりと甘い飲み物に癒されたい時にゆっくりと楽しむとよさそうです。価格は税別220円(希望小売価格)、コンビニエンスストア限定で発売です。

ちなみに、ローソンではローソン×ゴディバのコラボスイーツが期間限定で発売されています。こちらもおすすめ。

和を包んだ極上「スーパーモンブラン」和栗を贅沢に楽しむスイーツ、ニューオータニから

東京・幕張・大阪、3つのホテルニューオータニにある「パティスリーSATSUKI」が、素材も価格もリッチなケーキ「スーパーモンブラン(税抜2100円)」を2017年9月1日より発売しています。

ホテルニューオータニにスーパーモンブラン誕生、話題のアーモンドミルク使用

スーパーモンブランは、秋から旬を迎える和栗の味を楽しめるようにと作られたケーキ。

栄養価に優れ低脂肪で人気のアーモンドミルクを取り入れ、細やかにこだわりを詰め込んだ「和」テイストのモンブランが登場です。

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

ページ上部へ